スポンサーリンク


ハッカ油を使った虫除けスプレーの作り方

蚊や渓流で顔の周りを飛び回る鬱陶しい虫対策に、
ハッカ油を使った手作り虫除けスプレーを作ってみました。

20140618-1

ハッカ油には、虫除け効果だけでなく、清涼感も得られます。

※涼しいと“感じる”だけで実際に熱を下げているわけではありません。



<用意するもの>

■薬品類(ドラッグストア)
20140618-2

・ハッカ油
・エタノール(無水エタノール or 消毒用エタノール)
・精製水(水道水でも可)

「無水エタノール」と「消毒用エタノール」の主な違いは、濃度と価格。

それぞれ濃度は、無水エタノールが99.5%以上、消毒用エタノールは80%前後。

無水エタノールは消毒用エタノールに比べ、3,4割ほど高価です。

一般的に「無水エタノール」は化粧品や香水の作成に、
「消毒用エタノール」は文字通り人体の消毒に用いられます。



■容器、用具類(百均、ホームセンターなど)
20140618-3

・スプレー容器(アトマイザー)
・スポイト、注射器など

これらはすべてダイソーなどの百円均一で入手可能です。

スプレー容器は、香水用のPP(ポリプロピレン)製のもの。

PS(ポリスチレン)製のものは使用できません。

使えないものは、
「香水、アルコールを多量に含むものには使用できません。」などと注意書きがされています。



<作り方>

以下、100mlの虫除けスプレーを作る用量になります。

ハッカ油:20~30滴
エタノール:10ml
精製水:90ml

1.容器にハッカ油をスポイトで20~30滴ほど垂らします。
20140618-4
写真のハッカ油はそのままでは中身が上手く出ないので別途スポイトが必要です。

2.エタノールを10ml入れて軽く振って混ぜます。
20140618-5
ハッカ油は水に溶けないそうです。

3.精製水を90ml入れます。
20140618-6

4.よく振って混ぜます。
20140618-7

5.アトマイザーに小分けすれば完成です。
20140618-8

※アトマイザーに直接入れて作っても問題ありません。

今回は小分けするため、まとめて一つの容器で作りました。



■Amazon

ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ