スポンサーリンク


シマノ 14 ベイゲームのショートハンドル化 100mm→85mm

船釣り用に購入した、シマノ 「14 ベイゲーム 301HG」。

関連記事:シマノ 14 ベイゲーム 301HG 購入



船釣り用小型両軸リールという位置付けですが、ベースは「14 スコーピオン」。

スプールこそ異なりますが、
遠心ブレーキシステム「SVS∞」を備えており、キャストも可能です。

シマノのルアーロッド「ゾディアス 176MH-G」を買ったことですし、
せっかくキャスト可能ならルアーでも使ってみようと思います。
(シマノロッドにはシマノリール)

ただし、このリール、ハンドルが長い!
20160316-3

51mmのパワーダブルハンドルなので、ルアーの巻きの釣りには使いにくい長さです。

今回はこのハンドルをショートハンドルに替えてみたいと思います。



ショートハンドル化にあたり、使用したカスタムパーツがこちら。

アルファタックル WP カスタムハンドル 142S

20160316-1

アルファタックルの「WP(ウォータープラネット) カスタムハンドル」。

ジュラルミン製の85mmストレートハンドルです。

こちらはシマノ用で、他にダイワ・アブ用もあります。

詳細はこちらメーカー製品ページをご参照ください。



このリールをルアーでも使おうというのは以前から考えていて、
その時に4割引の4,000円ちょっとで購入していました。

通常、メーカー純正のジュラルミン製ハンドルは軽く一万円はするので
かなりお買い得なハンドルです。



<付属品>
20160316-2

・ハンドル本体
・ワッシャー
・取扱説明書



ハンドル構成

リールに取り付ける前にハンドル・ハンドルノブの構成をみてみました。
20160316-4

ノブ内は標準で2BBの計4BB仕様。
20160316-5



<重量>
20160316-6

総重量:22.8g(実測値)

▼内訳
ハンドル本体:8.8g
ハンドルノブ一式(BB除く):6.0g



ハンドルの取り付け方

取り付け方というほどのものではありませんが、一応。

まずは標準のハンドルを取り外します。
20160316-7

必用な工具は、マイナスドライバーと10mmのスパナ(またはレンチ)のみ。



▼標準ハンドルとの長さ比較
20160316-8

標準の102mm(51mm)から85mmへとショート化。



取り付けの際、リールによっては付属のワッシャーを使って高さ調整が必要なようです。
20160316-9

今回、「14 ベイゲーム」には必要ありませんでした。



ハンドルと固定するナット一式を交換して装着完了。
20160316-10

リールのデザインにも合ってなかなかカッコいいです。



ファースト・インプレッション

実釣の前にちょっと簡単にインプレも書いておきます。
20160316-11

ナットやプレートは安っぽいですが、肝心のハンドル本体の質感は上等。

重量も軽く、下手な純正ハンドル(特にシマノ)より見た目もカッコいいです。

強いて欠点を挙げると、ハンドルノブが角張っていてあまり握りやすくはなさそうですね。

ノブは試していませんが交換可能だと思われるので、使いにくいようなら交換も検討してみます。





ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ