スポンサーリンク


渓流ベイトにフロロラインを巻いてみた

これまで渓流ベイトに使うラインは9割方PEを巻いていました。

伸びのあるナイロンはゴムのような感触がどうも馴染めず、
一度使ってからというもの、以降まったく使う気になれません。
(スピニングにはいいんですが…)

フロロカーボンラインはコシが強く、
バックラしやすいという先入観・過去の経験から最初から候補外。

一度も試していませんでした。



今回、物は試しにと、こちらのフロロラインを購入。

■クレハ シーガー R18 イエローハンター 4lb 100m
20160409-1

<4ポンドスペック>
最大強力:5lb
長さ:100m
太さ:0.165mm
参考号数:1号
カラー:フラッシュイエロー

メーカー製品のページはこちら



クレハのルアー用フロロラインです。

本当は5ポンドが欲しかったのですが、なかったので4ポンドで。



▼視認性の良いイエローカラー
20160409-2

大半のフロロはクリアカラーですが、こちらは珍しいカラーライン。

ちなみに同社の「シーガー R18 ライトロックイエロー」はパッケージ違いの同じ製品のようです。




早速巻いてみました。
20160409-3

このラインは100メートル巻きなので、最初はケチって25m×4回と思っていましたが、
ハンドル○回というアバウトな計測方法で巻いているので余裕を持って3回に分けるつもりです。
(30m×3回 残りは余り)

巻いた直後はトラブルを起こしやすいので、
2,3日は置いて、しっかりスプールに馴染ませてから使おうと思います。



■Amazon





ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ