スポンサーリンク


シマノ 16 ストラディックCI4+ 2500HGS Fインプレ 各部重量

シマノ 16 ストラディックCI4+ 2500HGS 届きました」の続き、
「16 ストラディック CI4+」の特徴、各部重量とファースト・インプレッションです。



シマノ 16 ストラディックCI4+ 2500HGS

20160610-000

解説

NEWマグナムライトローター搭載。
別次元の巻き出しの軽さ!

新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することにより大幅な軽量化、
巻き出しの軽さを可能にしました。
ボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、
体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現します。
精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。
幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルです。

スペック

品番:2500HGS
ギア比:6.0
実用/最大ドラグ力:2.5kg/4kg
自重:185g
糸巻量:フロロ 5lb-100m、PE 0.8号-150m
最大巻上長:88cm
ハンドル長:55mm
ベアリング/ローター:6/1
本体価格:31,000円

メーカー製品ページはこちら



付属品

20160610-2

・取扱説明書
・分解図、パーツ表
・スプール調整ワッシャー
・スプール糸止メシール

「15 ストラディック」同様、リール袋は付属しません。



外観、各部特徴・重量

外観と各部特徴・重量を見ていきます。

外観

外観の形状は新型のローター、ハンドルノブ以外は「15 ストラディック」と同じです。
20160610-3

カラーリングはガンメタ基調にレッドのアクセント。

同社のバスロッド「ゾディアス」シリーズに合いそうなカラーリングですね。
20160610-4
この手のカラーは写真だと実物通りに描写しにくいです。。

個人的にはシンプルなシルバー基調の「15 ストラディック」の方が好みです。

20160610-5



<リール総重量>
20160610-13

自重:約186g

CI4+製ローター・ボディ採用により、
「15 ストラディック」から45グラムも軽量化されています。

前モデルにあたる「レアニウムCI4+」も185グラムなので重さは変わりませんが、
最上位モデル「16 ヴァンキッシュ」でさえ180グラムなので軽量化はこのあたりが限界なようです。



各部特徴・重量

▼大径ドラグノブ
20160610-6



▼逆転ストッパー非搭載
20160610-7

必要性をあまり感じなかったのでなくても問題ないと思っていましたが、
ローターが一方方向へしか回らないのは思ったより不便です。



▼AR-Cスプール
20160610-8

軽量なライトスプール。

ちなみに今回購入したのは2500HGSですが、スプールには2500Sと印字されています。

「15 ストラディック」も同じ仕様でした。

メーカーの不手際ではないのでご注意を。



<スプール重量>
20160610-14

自重:約29g

「15 ストラディック」のスプールから約6グラム軽くなっています。



▼NEWマグナムライトローター
20160610-9

このリールの一番の目玉、CI4+製の「NEWマグナムライトローター」。
20160610-17

これまで当たり前とされていた左右対称のローター構造を
非対称な設計に変更した新型ローター。

単純なローター重量だけでなく、
回転慣性もCI4+製の従来型ローターより最大約14%もの低減化が図られたようです。



<ローター重量>
20160610-16

自重:約31.2g

メーカー公式は31.5グラム、従来型のCI4+製ローター(34g)より2.5グラム軽くなっています。

参考までにダイワ 「07 ルビアス」2506のZAION製ローターが34グラム。



ローターに関連して、ラインローラーについて。
20160610-10

こちらは「15 ストラディック」同様、1BBのラインローラー一体型となっています。



ハンドルを回して起こしたベールを戻す、ハンドルリターン(オートリターン)機能あり。
20160610-11

渓流トラウトにも良さそうです。



▼ハンドル
20160610-12

ハンドルノブは薄い新しいタイプのものが採用されています。

ハンドルの長さは55ミリ。

ノーマルギアの2500Sは50ミリですが、
ハイギアモデルの2500HGSはそれより5ミリ長くなっています。



<ハンドル重量>
20160610-15

自重:26.6g

内訳
ハンドル:22.1g
ハンドルノブ:3.9g
その他、BBなど



その他、精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」、
「X-SHIP」に「Gフリーボディ」と一通りの機能・構造を採用しています。

ベアリング数は「15 ストラディック」と同じ6BB。(ローラーBB除く)

スプール受け(シャフト)のカラーをベアリングに置き換えれそうです。
20160610-18

あとはハンドルノブに1BB追加できます。



ファースト・インプレッション

NEWマグナムライトローター、CI4+ボディ採用のクイックレスポンス版ストラディック。

6月発売ということで入荷は月末だと思われましたが、
2500、C3000番が先行して月初に出荷されました。



触ってみた感じ、フィッシングショーで感じた玩具っぽさ、安っぽさは感じません。

巻き心地は残念ながら「15 ストラディック」の時と同じく、
何かに擦れているような感触・音がします。

所謂外れ個体ってやつだと思いますが、まぁこんなものかという感じです。
(物自体が悪いのではなくて、組み手の問題かと思われます)

肝心のNEWマグナムライトローターの効果ですが、
今回、「15 ストラディック」とギヤを入れ替えようと思ってハイギアを選んだため、
正直なところよく分かりません。

NEWマグナムライトローターを低慣性を最大限活かすなら、
巻き始めの重さを感じにくい低慣性なノーマルギアモデルが良いでしょう。



価格は定価で「15 ストラディック」から約6000円アップ。

実売は23,000円前後になります。

ダイワでいうところの「ルビアス」にあたる機種ですが、ルビアスより2,000円ほど安価です。

それでいて2500番で15グラム軽く、ローターはCI4+製。

現行の「15 ルビアス」はZAIONではなく、格下のDS5製ローターなので
スペックだけでみると「16 ストラディックCI4+」の方が上です。



コアソリッドシリーズの「15 ストラディック」も良いですが、
軽量・低慣性なクイックレスポンスシリーズの方が需要は高いと思われます。
(特に2500番以下のサイズ)

行く行くはこの「16 ストラディックCI4+」をベースに、
魚種専用機の「セフィア」や「ソアレ」、「カーディフ」といった派生モデル、
更にアルテグラといった下位互換のモデルが登場することでしょう。



■ナチュラム





ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ