スポンサーリンク


ウェーディングネットのネット交換 ナイロン→ラバーネット

使用からそれなりに経過し、今更なネタですが、インプレの前に投稿しておきます。



現在シーバスで使っているランディングネット、「GM ウェーディングネットカスタム」。
20160716-6

インプレ記事:ゴールデンミーン GM ウェーディングネットカスタム インプレ



標準のナイロンネットは、ネットの構造上入り口付近にルアーが引っ掛かりやすく、
ランディングにやや難がありました。

更にランディング後はランディング後でフックが絡んで外すのが大変…。(汗)
20160830-4

そこで購入当初から考えていたラバーネットを導入することに。



交換するネットがこちら。

■ゴールデンミーン GM スペアラバーネット ディープタイプ
20160904-2

50〜60cmの大型枠にマルチに対応する、深底ラバーネット。

GMスペアラバーネット・ディープタイプは、GMランディングネットはもちろん、市販の大型磯玉枠にもご使用いただける、魚にやさしく、ランディング時の針の絡まりも気にならず、ニオイ・ヌメリも取れやすいスペアラバーネットです。

●ネット素材:クリアーラバーネット(深さ60cm)
●自重:410g

同メーカーから発売された深底のラバーネット。

既存のラバーネットは底が浅いものばかりで、ここまで深いものは他にありません。

ウェーディングネット専用というわけではなく、同サイズのフレームに対応しています。



ネットの取り替え

まずは標準のナイロンネットを取り外します。

ウェーディングネット付属の六角レンチを使い、フレームとシャフトを分解。
20161005-1

ナイロンネットをフレームから外します。
20161005-2

そしてラバーネットに交換。
20161005-3

ラバーネット外周に設けられた穴にフレームを通すわけですが、
ラバーが滑りにくいのでナイロンネットのようにスムーズにスルスル通りません。



装着完了。
20161005-4

もの凄いボリュームです。



軽量なナイロンネットから比べると、ずっしりと重みが増しました。
20161005-5







ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ