スポンサーリンク


嵐山FAで釣り納め

12月16日

今年の釣り納めに嵐山フィッシングエリアへ行って来ました。

桟橋増設後、初の嵐山です。(通算7回目)

この日は深夜からの荒天で自宅から嵐山までの道中は猛吹雪。。

当然気温もグッと下がり、タイミングとしては正直止めておいた方が良いレベル。

苦戦しそうです。



<タックル>

▼スプーン用
ロッド:オリジナルロッド 56UL
リール:ダイワ 07 ルビアス 2004 + ZPI タクティカル
ライン:ラパラ ラピノヴァX 0.18号 + フロロリーダー 3lb

▼ボトムの釣り用
ロッド:ダイワ 月下美人MX 611L-S
リール:シマノ 16 ストラディックCI4+ 2500S + ZPI ソルティーバライト
ライン:シマノ セフィア G5 PE 0.5号 + フロロリーダー 3lb

▼クランク用
ロッド:オリジナルロッド 62ULB-G
リール:シマノ 16 アルデバランBFS XG
ライン:シマノ パワープロZ 0.6号 40m + フロロリーダー 6lb

未だにエリア用のタックルが仕上がっていません。。(汗)

スプーンにはオリジナルの渓流ロッド、ボトムの釣りにはアジングロッドを流用しました。



7時過ぎスタート。

小雨が降っていますが、思ったよりコンディションは悪くない感じ。

いつも通り桟橋の端へ入ります。

第一投はスプーン。

ここのところ買い集めていた軽めのスプーンをメインに使っていきます。



開始数投、ロデオクラフトの「ノア」 2.1gで早速ヒット!

アイビーライン 「アクティ」 1.2gで2匹目。

サイズが分かりやすいよう引きで。

釣れないよりはいいですが、ちょっと小さいですね。^^;



このままもう少し釣れるかと思いましたが、すぐに反応が弱まりました。

まぁいつものことなので早速ボトムの釣りへシフト。



が、

あれ? 全然当たらない…。

これで数を増やすつもりでいましたが、
バベルといったボトム用のスプーンはもちろんのこと、トラウトガムにすら反応がありません。

辛うじてフェザージグ(ヤーン系)で一匹釣れたのみ。(汗)



反応が悪くなるだけなら良かったのですが、次第に風が強くなってきました。

ちょっと風が強いというレベルではなく、もはや暴風の域。。

投げるルアーがルアーなのでこれでは釣りになりません。

相変わらず反応も薄いのでポイント移動。

風下に当たる側なので魚が溜まっていないものかとT字になった桟橋の中央付近へ移動しました。

トレーラーハウス側から吹く風なので初心者桟橋からの方が釣りがしやすいかと思いますが、既に人が入っているのでパス。

コレが良かったのか、2.1gの「ノア」で2キャッチ。

更に山側から3キャッチで、計5匹追加できました。

「マグナムクラピーD2R」でも2匹追加。

これでちょうど10匹。

正直もう帰りたいくらいのバッドコンディションの中、何とか2桁釣果です。^^;

キリもいいことですし、ここで小休憩。

温かいカフェオレ(自販機でまさかの150円也)でかじかんだ手を温めます。

寒い時期は手だけでも温められるようにヒーターか何か欲しいところですね。



再び桟橋の端へ入り、釣り再開です。

少し風が収まったのも束の間、今度は雪のオマケつき。

これで本当に今日はもうダメかと思いましたが、次第に天候が回復。

昼頃には風もかなり収まり、十分釣りになるコンディションにまでなりました。

更にペレットが撒かれた影響か、魚が上ずってきました。

ノリーズ 「鱒玄人 ウィーパー」が好調なご様子。

数匹釣ると反応が悪くなるので、カラーを替えつつ10匹ほど追加できました。

他のルアーも試してみましたが、クランクにはほとんど当たりなし。

軽量スプーンの表層引きが堅いです。



3時頃からアタリが減り始め、更にはせっかくアタリがあっても乗らないという減少が頻発。。

フックに異常はないようなので単純にバイトが浅くなったのか、一向に掛かりません。

4時を回り、そろそろ最後の時合が来ることに期待しましたが、何事もなく営業終了の5時を迎えました。



釣果は23匹。(兄はフライで40以上)

この日の状況から一桁釣果も覚悟してたので、思ったよりは釣れました。

ただし、サイズはチビオンリー…。

いつもなら50オーバーとはいかないまでももう少しマシなサイズが混ざっていましたが、
この日は本当にチビばかりでたぶん一匹も30センチすら越えてません。

前日はエリアAで50アップがよく釣れたとのことでしたが、この日はイマイチだったようです。



サイズはともかくとして、スプーンの巻きで20を越えたのは今回が初めて?

ある意味これまでで一番管釣りっぽい釣りができました。

釣果のほとんどが軽量スプーンの表層デッドスロー。

ボトムの反応が極端に悪かったのが思わぬ誤算でした。

ボトムにマスが溜まり出すのは水温が低いまま安定してから?



▼ヒットルアー

左上から
ロデオクラフト ノア 2.1g
アイビーライン アクティ 1.2g
ノリーズ 鱒玄人 ウィーパー 0.9g
ノリーズ 鱒玄人 ウィーパー 1.5g

右上から
ラッキークラフト マグナムクラピーD2R
ダイワ プレッソ イモラ 35F
自作フェザージグ(エッグヤーン)

ヒットルアーではありませんが、右下はロブルアーの「タラベスク」。

「アラベスク」にフォームが巻きつけてあり、てっきり浮くものかと思いましたが、普通に沈みますね…。

まぁノーマルよりは圧倒的に沈降速度が遅くなってはいますが、少し期待していただけに拍子抜けでした。

ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ