スポンサーリンク


手感度を損なわない防寒手袋 フリーノット パームレスグローブ インプレ

手感度を損なわない防寒手袋、フリーノット(ハヤブサ) 「パームレスグローブ」のインプレッション。

ロッドを持つ側のグローブはこれで決まりです。



■ FREE KNOT(フリーノット) FOURON(フォーオン) パームレスグローブ

ロッド感度重視型、手甲防寒グローブ。

冬場の繊細な魚のあたりを逃さない手のひら開口型防寒グローブ。
表地は防風性に優れ水に強い素材。裏地には光電子サーモライトシープバック超厚手生地を取り付け保温性を高める。
手甲タイプで、手のひらは素手開口型で冬場の繊細な魚のあたりを逃さず、手の甲側は防風素材×光電子で放熱を防ぎ保温を高める感度重視グローブ。
バス・エリア・へらぶな釣りに最適です。

●サイズ:M、L
●素材:クロロプレン合成ゴム、ポリエステル、ポリウレタン

商品詳細:パームレスグローブ|釣り鈎、仕掛け、フィッシングウェアの製造・販売|株式会社ハヤブサ



表生地はポリウレタン?で水を通しません。

いつも使っているグローブのサイズはSサイズ。

このグローブはMサイズなので生地が余り気味です。

手首部分はクロロプレン製。(裏地なし)



パームレスグローブということで手のひら側はほとんど露出します。

やや伸縮性のあるベルトに指を通して固定します。



グローブの内側はこんな感じ。

ボア?フリース?のような布地で暖かく、感触も良いです。



インプレッション

先日の管釣りでロッドを握る側のみに装着しました。(反対側の3フィンガーレスのクロロプレングローブ)

思惑通り、ロッド操作、手感度を妨げず、これといった違和感も感じません。

肝心の防寒性ですが、予想以上に効果ありです。

正直、覆われているのは手の甲だけなので、付けていないよりはマシ程度かと思っていました。

それが思いの外温かく、保温もしっかりとしています。

手首がクロロプレンで完全に覆われているのが地味に効いているのか、「光電子」という素材の効果もあるのでしょう。



これまで薄手のグローブをいくつか試したことがありますが、どれも違和感があってイマイチでした。

ロッドのグリップと掌の間に何かしらあると著しく感度を損なうので、今までは寒くてもロッドを持つ側だけは素手でやってきました。

その点、このグローブは掌側が丸々露出しているので感度低下、違和感もなし。

寒い時期の釣りに重宝しそうです。

ただ、ハンドル側はパームレスである必要性がないので片方だけでいいんですよね。^^;(汗)

釣り用グローブのみ、片手のみ販売という売り方があってもいいと思います。





ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ