スポンサーリンク


2017年 ダイワ・シマノ新製品 雑感

ここ数日中身のない新製品ネタ連発でしたが、リールは一通りチェックできたのでひとまず終了。

あとはフィッシングショー後ですかね。
(今年も行けたら行く予定です)



さて、2017年の新製品ですが、今年はどちらかと言えばダイワが優勢な印象です。
(もちろん、あくまで主観です)

昨年はシマノが優勢な印象でした。



シマノは派生モデルが中心

2017年の新製品、シマノは今のところ派生モデルが中心のようです。

昨年は「ヴァンキッシュ」や「ストラディックCI4+」など、新型のリールが目立ちました。

その分今年はそれらの派生モデルが多く、あまり目新しさはありません。

カルコンBFSなど、意外なリールもありましたが、ある程度は出そうなリールがそのまま出た感じ。

「17 アルテグラ」には悪い意味で裏切られました…。



ダイワの反撃 注目はセオリー

基本マイナーチェンジが多いダイワ。

特にスピニングリールは、上位モデルでさえ微妙な改良ばかりで目立った進化はなく、下位モデルもパッとしないものばかり。

ひたすらマグシールド推しで他の部分はおざなりでした。

マグシールドのゴリ押しと露骨なまでの技術の出し惜しみに、ダイワ派の自分もさすがにうんざり…。

そこに発売された、シマノの「15 ストラディック」と「16 ストラディックCI4+」。

比較的手頃な価格ながら中級機並の技術を採用した2タイプのリール。
(まぁその分中身の精度にちょっと問題がありますが)

これら2機種の発売で一気に差を付けられたように思います。



そこにようやく発売される「17 セオリー」。

ZAION製ボディ&ローター採用で実売2万円台と、明らかに「16 ストラディックCI4+」を意識したモデル。

これまでダイワのスピニングリールでZAION製ボディ&ローターを採用したモデルは、
一番安いものでカルディアベースの「14 月下美人」(実売2万6千円~)でした。

カルディアベースでもライトゲーム程度なら問題ありませんが、
手持ちの「07 ルビアス」からの買い替えとしてはどうも今ひとつ。(見た目もアレですし)

同じルビアスの最新モデル「15 ルビアス」はローターがDS5製なので、
スペックを下げず純粋な進化版となると、ルビアスベースの「14 プレッソ」(実売3万3千円~)になります。

見た目、スペック共に良いリールなのですが、やや割高な印象でなかなか購入に踏み切れませんでした。

今回の「17 セオリー」は「07 ルビアス」からの買い替えとして申し分のないスペックを備えています。

カタログのコード横に※がついていなので、いずれはセール時に4割引きだとか。

「16 ストラディックCI4+」の2000番を追加購入も検討していましたが、
替えスプールの都合もあるのでダイワの方が何かと勝手が良く、今回ようやく買い換えることができそうです。



ダイワとシマノ、2大メーカーの競争

これまで露骨な差別化でなかなかZAION製エアローターを下位のモデルに採用しなかったダイワ。

シマノのストラディックシリーズの存在がよほど効いたのでしょうか。

リールメーカーは、実質ダイワとシマノの2強状態。

今回の新製品発表で、過去一番ってくらい2大メーカーの競い合いを感じることとなりました。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(予約品) ダイワ 17 セオリー 2004 (2月発売予定)
価格:23058円(税込、送料別) (2017/1/15時点)

ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ