スポンサーリンク


カウンター付きリールが一新! シマノ 17 NEW バルケッタ

カウンター付きリールも一新されます。

NEW LEDバックライトを搭載した、シマノ 「17 NEW バルケッタ」など。



■ シマノ 17 NEW バルケッタ

カウンター付軽量リールの進化が感度を高める。
アングラーの集中力を高めてライトゲームの最前線に導く。

スタイリッシュなデザインに磨きをかけ、カウンター付軽量リールの常識を一新させたBarchettaが、液晶カウンターの視認性を格段に向上させ誕生しました。
自重190gという軽さのアドバンテージはそのままに、朝夕の薄暗い時間帯や夜間、さらに正確なヒットゾーンが視認できるNEW LEDバックライトを搭載。
さらに、バックライトの点灯時間にも改良を加え、5秒点灯、スプール回転時点灯、常時点灯の3種類がチョイスできます。
また、釣りに快適さをもたらす、エキサイティングドラグサウンドや51mmロングクランクハンドルも搭載。
電池交換も簡単に行え、電池交換時に糸巻学習データが消えることもありません。

※2017年3月発売予定

NEW バルケッタ[BARCHETTA]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

ボディは前モデル同様CI4+製で基本的なスペックは変わっていません。

新しくなったのがLEDバックライト。

バックライトの点灯時間が改良され、5秒点灯、スプール回転時点灯、常時点灯の3種類が選択できるとのこと。
(前のモデルはボタンを押したときにしか点灯しませんでした)

更にエキサイティングドラグサウンドも搭載されています。



■ シマノ 17 NEW バルケッタ BB

BBシリーズに加入した余裕のサイズ。
60mmのハンドルと大型ノブは、パワーで優位に。

Barchetta BBシリーズにPE3号が200m収納できる600が登場。
スタイリッシュなカウンター搭載手巻きリールの汎用性を高める余裕のサイズで、存在感はより大きなものに。
NEW LEDバックライトを搭載して電池交換も簡単になり、朝夕の薄暗い時間帯や夜間の釣りにも威力を発揮。
メタルスッテやボートアジング、タチウオ、イサキ、アジなどターゲットを選びません。
60mmロングクランクハンドル+大型ハンドルノブを採用し、手返し重視のHGと巻上げの安定感に優れたPGをラインナップしています。

※300PGDH(右)、301PGDH(左)、300HG(右)、301HG(左)、300HGDH(右)、301HGDH(左):2017年4月発売予定
※600PG(右)、600HG(右):2017年4月発売予定

NEW バルケッタ BB[BARCHETTA BB]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

こちらは追加モデル?

大容量の600サイズが追加。




カウンターはありませんが、オフショアの釣り良さそうなリールも発売されます。

■ シマノ 17 グラップラー

マイクロモジュールギア搭載!
高剛性・高耐久ロープロジギングリール。

剛性に優れる「HAGANEボディ」に「X-SHIP」、「マイクロモジュールギア」、「エキサイティングドラグサウンド」など先進の機構を搭載し、70mmのハンドルには「 CI4+」のラウンドノブを採用。
PE3号-250mの大容量、ギア比6.2の巻上げは使い手やスタイルを選ばず、ライトジギングからディープの鯛ラバ、スロー系ジギングまで幅広く対応。

※2017年6月発売予定

グラップラー[GRAPPLER]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

HAGANEボディのゴツめなリール。

価格は今のところ不明です。



コメント

昨年イカメタル用に購入した「14 バルケッタCI4+」。

関連記事:シマノ 14 バルケッタCI4+ 201HG インプレ

常時点灯すると思っていたバックライトが、まさかのボタンを押したときのみというガッカリ仕様。。

今回は常時点灯可ということで、何だかなぁ…

ドラグサウンドは移植できる可能性はありますが、カウンターユニットはさすがに無理でしょう。

買い換えるかどうか悩むところです。



ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ