スポンサーリンク


ダイワ 17 セオリーの細部をチェック 前半 スプール周り

前回のFインプレではお伝えしきれなかった「17 セオリー」の細部をみていきます。

▼これまでのインプレ記事
ダイワ 17 セオリー 2004H Fインプレ 前編 付属品と外観
ダイワ 17 セオリー 2004H Fインプレ 後編 各部特徴と重量

今回も画像が多く長めなので前半・後半の2記事に分けます。

前半はスプール周り。

ドラグノブ~マグシールド部までをチェックします。



17 セオリーの細部をチェック スプール周り

まずはドラグ・スプール周りから。

多少デザインは異なりますが、「15 イグジスト」と同じタイプのドラグノブを採用しています。

同じタイプと言ってもグレードが違うので、ドラブノブ内部の部品も違うと思われます。

ちなみにドラグノブの自重は6.5グラムでした。



ドラグノブに関連して、メインシャフトも「15 イグジスト」と同じ長いタイプに。

メインシャフトを伸長することによって、ドラグノブのグラつきがより抑えられ、ドラグの挙動を安定させる働きがあるようです。

その他、スプール受けが樹脂カラーなので、ここをBBに置き換えられます。

関連記事:ダイワ 17 セオリー フルベアリング化 前半 スプール内・受け



続いて、エアスプール並に軽量なアルミスプール。

ブランキングの穴から内部が見えており、スプール受け部に水が直撃しそうですが、スプール内部にカバーがあるため、一応直接は当たらないようになっています。(下の写真参照)

が、精神衛生上あまりよろしくありませんね。

穴を開けるなら従来のように下部に開けてほしいものです。



スプール内部はお約束の樹脂カラー。

ここもBBに置き換えられます。

関連記事:ダイワ 17 セオリー フルベアリング化 前半 スプール内・受け



▼07 ルビアスのエアスプールと比較

ABS樹脂にメッキを施したエアスプール。

更にエアスプールのスプールエッジにはIP(イオンプレーティング)というメッキ処理が施されています。

対してセオリーのスプールはオール金属。

エッジを含めて、特にコーティングなどはされていないようです。

全体的に端が角ばっているため、傷が付いた場合はラインへの影響が大きそうです。

このスプールに限った話ではありませんが、スプール(特にエッジ)に傷が入らないよう取り扱いには注意しましょう。

重量では若干セオリーのアルミスプールが劣っていますが、金属のため甲高いドラグ音が鳴ります。

その他、「15 イグジスト」発売時に騒がれたスプールエッジの段差はないのでご心配なく。
(そもそも軽量アルミスプールといってもイグジストとは製法が異なります)



ZAION製エアローターのラインローラーは1BB仕様。

いつもの方法で2BB化が可能です。

関連記事:ダイワ 17 セオリー フルベアリング化 後半 ノブ・ラインローラー



次はリール本体のシャフト周り。

ローターナットはルビアス以上に採用されているBB内蔵型。

マグシールドの印字部はシールです。

補強らしい接着剤が何とも言えないやっつけさ。



▼14 カルディアと比較

マグシールド周りはカルディアの方が見た目・質感が良いですね。

外周だけでなく、マグシールドのカバー部(プレート)も異なります。



前半はここまで。

後半はボディ周りをみていきます。

後半:ダイワ 17 セオリーの細部をチェック 後半 ボディ周り



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【17新製品】ダイワ 17 セオリー 2004(30500)【即納可能】
価格:23058円(税込、送料無料) (2017/2/16時点)



ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ