スポンサーリンク


【ベイトタックルでサクラマス】 リールの準備

ベイトタックルでのサクラマス釣り。

ロッドの次はリールの準備です。

関連記事:【ベイトタックルでサクラマス】 本流トラウト用ベイトロッドを購入!



リールの選定

まずはリール選び。

この手の釣りでベイトリールと言えば雰囲気重視?で丸型リールですが、持ってませんし、さすがに買えません。^^;(汗)
(サクラマス用途でなくとも、いずれは欲しいと思っていますが)

というわけで手持ちのリールを流用します。



自分がサクラマス釣りで主に投げるルアーは、6~12グラムのミノープラグと、14~21グラムのスプーン。

重さのあるスプーンはともかく、プラグは軽め。

これをストレスなくキャストするとなると、下限に振った(スプール重量が軽い)リールが必要になってきます。

候補は、ダイワ 「アルファスSV」と、シマノ 「09 アルデバランMg7」の2つ。

両方使うという選択もありですが、メインで使用するのはこのリール。



■ シマノ 09 アルデバランMg7

リール性能としては似通ったリールなので、合わせるロッド(リールシート)との相性でこちらを選びました。

やはりシマノ×シマノだからなのか、この組み合わせがしっくりきます。



ラインを巻く

リールが決まったところで次はライン。

こちらは即決でした。



■ シマノ パワープロ Z 1.5号 イエロー 150m

4本編みのPEライン。

今のところ、ベイトリールにはこのPEラインが一番良いかなと思っています。

コーティングが強く、コシがあるため、バックラッシュしにくく、バックラしても直しやすい印象。

号数はトラブルレスと耐摩耗性から太めの1.5号を選択しました。





ベアリングのメンテ

しばらく使っていなかったリールなので、キャスティングに関わるベアリングの洗浄&注油を行いました。

使用オイルはシマノの「ザルス リールオイルスプレー」。





ノブの変更 コルクノブを装着

せっかくなのでノブも交換しました。

「16 アルデバランBFS XG」用に購入した、夢屋の「コルクノブ TYPE3ショート」。

これでロープロリールとはいえ、見た目もなかなか良くなったと思います。





次回はいよいよ実釣。

ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ