スポンサーリンク


春の通天湖釣行 トルネードの季節

5月2日

京都の通天湖へ行って来ました。

前回の釣行は天気が悪く散々でしたが、今回は好天。

更に数日前に放流があったということで期待せずにはいられません。

まぁここは(悪い意味で)期待を裏切ったことがないんですけどね。^^;(笑)

ここからちょっと愚痴。

今回は桟橋から釣りがしたかったので、一番乗りするため、いつもより早めに出発し深夜2時頃到着しました。

さすがに誰も居ないだろうと思いきや、まさかの車が…。(汗)

ナンバーから自分たち以上に遠くからの遠征のようでした。

中休みとはいえGW期間中なので仕方ないと営業開始まで仮眠を取ることに。

問題はここから・・・

営業開始1時間前くらいに年配の方の車が到着。(3番目)

車から降りるやいなや、レストハウス入り口にタックル一式を置き、場所取り?

まさか既に2台も停まっている状況でそんなはずはないだろうと思いたいですが、開くと同時に当然のように一番乗りで桟橋右端へ。。

一番だと思っていた車の主は、なぜか時間になっても出てきません。
(けっきょくこの車の主は釣り客ではなかったのか、帰る頃にもまだ停まったままでした)

到着順が暗黙のルールだと思っていたので何もせずにいたのですが、今度からランディングネットか何かを置いておくようにします。

この年配の方、フライマンだったのですが、釣りは釣りでまた・・・

後方をまったく気にせずキャストするので、斜めにキャストした際にバックキャストがこちらの真正面にベチベチ…。

もう何だかなー…



実釣 7:00~17:30

では、気を取り直して実釣の方を。

天気:晴れ

水温:表層 14.5℃、3m 12.5℃、5m 11.5℃

横風が強いものの、この時期はこんなものでしょう。



まずは対岸際のブレイクを狙ってスプーンをキャスト。

ブレイク周辺に絞り、手前は手早く回収していると、ピックアップ中にヒット!

が、元気一杯で呆気なくバレてしまいました。。



その後は巻きでバイトらしきアタリが2,3ありましたが全然フッキングしません。

最初の一匹はスプーンでと思っていましたが、一向に釣れないのでフェザージグにチェンジ。

対岸ではなく、道路側のボトム付近をボトムバンプでヒット!

ようやくファーストフィッシュをキャッチ。^^;



とりあえず一匹釣ったのでまた対岸をスプーンの巻きで狙ってみますが反応は渋く、ようやくヒットしたかと思いきや即バレ…。

仕方ないのでこの時期熱い?トルネードをキャスト。

2回ほど当たったものの、なぜか乗りません。

フェザージグでようやくヒットしましたが、またバラシ…。

何だか今日はいつも以上にバラシが多いです。。(汗)

けっきょく午前中は1キャッチ4バラシと散々でした。

周りも芳しくなく、フライの人がポツポツ釣っている程度。

あまりにも釣れないので殆どの人が桟橋に座り込みながらダラダラ釣りをしていました。



正午になり、件の年配フライマンは納竿。

端が空いたのでそちらに移動します。

やはり少しのことをいってこちらがいいのか、久しぶりにキャッチ。

ただし、相変わらずのフェザージグ。^^;

数少ない自作トルネードはルアーチェンジの際に桟橋の上に置いたところ、風で飛ばされ転がったのか行方不明に…。



ネイティブ用の肉厚スプーン、ダイワ 「クルセイダー 激アツ」7グラムを遠投。

着水後のフォールにアタリ!?

一回目は完全に油断していたので合わせられませんでしたが、2回目でようやくフッキングに成功。

決して大きくはありませんが、貴重なスプーンでの一匹。

更にもう一匹ヒットしましたが、またしてもバラしてしまいました。。
(そんなおかしなファイトをしているつもりはないんですが)



遠投に飽きたところで、あとは道路側 ワンドのブレイクをチェック。

フェザージグのフォールにヒット!

そして、ついに50アップが・・・・



53センチのレインボー。(^^)

尾ビレが欠損していて、お世辞にも良い個体とはいえませんがファイトはなかなか。

というか相変わらずドラグが緩くて長引きましたね。(ATDやりにくい)



この後、同じフェザージグに40半ばのニジマスがヒットしたものの、途中でバラシてしまいました。。^^;(汗)



あとは対岸遠投→道路側ワンドを繰り返し、ノーヒットのまま2,3時間・・・

5時半納竿としました。



丸一日やって釣果は6匹。。(バラシ5回)

辛うじて50アップが1本混ざったので、これまでのことを考えると良い方ですが、せっかくの良いお天気にこの釣果。

この時期ルアーは厳しいです。。

巻きで釣れないのは精神的にもキツいですね。。(汗)



タックル&ヒットルアー

ロッド:シマノ トラウトワン エリアスペシャル 66UL 改(ガイド変更中)※
リール:ダイワ 17 セオリー 2004H
ライン:YGKよつあみ G-soul X8 Upgrade PE 0.6号 + フロロリーダー 3lb

※前回同様スレッドのみですが、若干セッティングを変えてあります。

スピニング2本、ベイト1本の計3タックル持ち込みましたが、使ったのは9割方これ一本のみ。

ベイトはラインすら通しませんでした。^^;



▼ヒットルアー

この釣行に備えて準備したルアーはこれといって振るわず。

関連記事:管釣り準備 スプーン塗装&ルアー製作

今回試したかったスプーン、カラーは言わずもがなノーヒット。

タイトル回収したかった自作トルネードは序盤から紛失し、けっきょく一匹もキャッチすることができませんでした。

一つだけしか作っていなかったトラウトガムもどきに至っては一投目から根掛かりでロスト…。

唯一の成果は派手目なカラーのマラブー系が有りだと分かったこと。

これまでマラブータイプのフェザージグは地味めなカラーばかりだったので、もっとカラバリを増やそうと思います。



これからの時期は「フェザージグ」や「セニョールトルネード」など、”邪道”系ルアーがマスト。

手堅いルアーだけでいくと、もれなく死亡します。

朝一はスプーンの巻きにも反応がありますが、あとは効率が悪いので開き直ってフェザージグ、トルネードを投げた方が釣果が上がることでしょう。



ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ