スポンサーリンク


渓流ベイト釣行 まさかのホームで撃沈…

週間天気より少しだけ早く梅雨入りとなり、7日は雨が降りました。

それほど強い雨ではないものの、まだ雨の中釣りをする気分でもないのでお休みすることに。



そして8日。

とりあえず朝起きた時点では雨が振っていなかったので様子見がてら行ってみました。

午前9時過ぎ、濁っていてダメそうなら引き返すつもりでしたが、予想に反してあまり変化なし。

これなら大丈夫そうだと、中流部へ入渓。

水質は若干濁りが入っている程度。

水温19℃

雨が降った割には下がっていません。(前日は20℃近くあったのかも)



入渓してすぐに20センチほどのヤマメがヒット!

ランディング寸前にポロリしたものの、手前の護岸の上に落ちたので何とかキャッチできるかも。

慌てて被せるようにネットで塞ぎ、一時はキャッチできたかと思いきやネットと護岸の隙間から逃走。。(汗)

うーん、初っ端からこれは嫌な予感…。



以前釣り上がったときはまったくといって魚影がありませんでしたが、今回はチラホラ小ぶりなヤマメのチェイスがあります。

何度かバイトがあったものの、なぜかフッキングせず、貴重なバイトを2回も逃してしまいました。



堰堤を越え、ここからが本命。

前回釣れた一発目の淵で良型ヤマメのチェイス!

思ったより手前、渕尻からのチェイスに少々焦り喰わせきれず。

一呼吸置いて落ち着いてから2投目。

2度目のチェイスに今度こそと誘いますが、リアフックに当たったのみでフッキングならず。。

異物に当たってしまったので警戒され、3度目のチェイスはありませんでした。

まぁ次があると、進んだ二つ目のポイントはまさかの反応なし。



その後もいそうなポイントにルアーを通していきますが、チビヤマメのショートバイトが一回あったのみ。

途中に餌師の痕跡(仕掛け)が…。



前回は終盤に反応があったのでそれに期待してみましたが・・・

まったく魚影なし。

まさかのボウズで終わってしまいました。(汗)



さすがにこれでは終われないと、もう一区間やってみようかと思いましたが、退渓間際から雲行きが怪しくなり、今にも降ってきそうな空模様…。

やりきれないまま納竿となりました。

まさかホームでボウズを食らうとは。。



<タックル>

ロッド:アングラーズリパブリック エゲリア ネイティブパフォーマンス ESNC-411UL
リール:シマノ 16 アルデバラン BFS XG
ライン:シマノ パワープロZ 0.6号 35m + フロロリーダー 5lb

ブレーキ強化後、2回目のアルデバランBFS。

特に必要性を感じず試してみたブレーキ強化(磁石8個)ですが、結果はやはりイマイチ…。

ノーマルの方が使いやすいです。

ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ