スポンサーリンク


シマノ 17 ソアレCI4+ Fインプレ 各部特徴と重量

シマノ 「17 ソアレCI4+」のファーストインプレッション。

「17 ソアレCI4+」全般の特徴と、今回購入した「500S」の各重量をチェックしてみました。



■ シマノ 17 ソアレCI4+

▼ラインナップ
・500S
・C2000SS PG
・2000S HG

▼主要テクノロジー/スペック
・NEWマグナムライトローター(C2000SS PG、2000S HGのみ)
・HAGNEギア
・X-SHIP(C2000SS PG、2000S HGのみ)
・CI4+軽量ハンドル
・コアプロテクト(C2000SS PG、2000S HGのみ)
・大径ドラグノブ
・リジットサポートドラグ
・Gフリーボディ
・ソアレCI4+ オリジナルデザイン

NEW ソアレ CI4+[Soare CI4+]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-



<付属品>

・リール本体
・外箱
・取扱説明書 分解図セット
・スプール糸止めシール
・スプール調整座金
・リール袋



各部特徴と重量

それでは外観と各部特徴・重量※をみていきます。

※重量は「500S」の重量となります。



■外観

最新のフォーマットになって生まれ変わった、ライトゲームブランド 「ソアレ」シリーズ。

昨年発売されたクイックレスポンスシリーズの「16 ストラディックCI4+」がベースとなっています。



▼リール総重量

自重:約140g

シリーズ最小「500S」の重量は約140グラムと最軽量。

これまでは「ヴァンキッシュ」の155グラムが最軽量だったので、如何に軽いかが分かると思います。



■マグナムライトローター&AR-Cライトスプール

※写真は500Sのマグナムライトローター

スプールはベアリング内臓(リジットサポートドラグ)のライトスプール。

ローターは新型のNEWマグナムライトローターを採用。

ただし、新型を採用しているのは「C2000SS PG」、「2000S HG」のみで、新たに加わった「500S」は従来型のマグナムライトローターとなっています。



▼スプール重量

自重:約21g

スプール価格:5,000円

ドラグノブ自重:約6.5g

最小サイズということもあってかなりの軽さです。



▼マグナムライトローター重量

自重:約29g

500Sの旧型マグナムライトローター。

ボディだけでなく、ローターも頑張って欲しかったところです。

参考までに、NEWマグナムライトローターを採用した「16 ストラディックCI4+」2500HGSの重量が約31グラム。



■CI4+軽量ハンドル

「16 ヴァンキッシュ」に初採用されたカーボン樹脂(CI4+)製ハンドル。

「500S」、「C2000SS PG」は35ミリという非常に短い長さになっています。



▼ハンドル重量

自重:約16g

ハンドルキャップ自重:約0.8g

内訳
・ハンドル本体 約12g
・ハンドルノブ 約4g
その他、ベアリングなど(2BB)



その他、

生産国はマレーシア製となっています。

露出している部分のネジはすべてトルクスネジ。

分解にはT6、T8、T10の3サイズが必要です。



「500S」のみ逆転ストッパー復活。

「C2000SS PG」、「2000S HG」にはこれまで通り逆転ストッパーは付いていません。



ファースト・インプレッション

半ばネタで買ってみた「17 ソアレCI4+ 500S」。

選択した番手はともかくとして、ベースとなった「16 ストラディックCI4+」には採用されなかった「リジットサポートドラグ」も採用され、これといった不満もなく良いリールに仕上がっていると思います。

ただし、今回新たに加わった「500S」はあまりにも特殊過ぎて好き嫌いが分かれそうですね。

とりあえずライトゲーム用途としては「C2000SS PG」を選んでおけば失敗はないでしょう。

次回は「500S」に絞った記事を掲載予定です。









ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ