スポンサーリンク


連日のリバーシーバス釣行 ヒットルアーはやはりTKLM

9月22日

中潮、下げ4-6分

2日連続のリバーシーバス釣行。

今度は下流の堰でやろうかとも思いましたが、どうも流れが弱く微妙そうなので昨日と同じポイントへ。

交換したハンドルの使用感を早速確かめてみます。

関連記事:サステインを巻きモノ仕様に ショートハンドル化&アルミラウンドノブを装着



水温20℃

昨日よりやや水位が下がり、流れが弱くなっていました。

右岸側の浅瀬から釣りをしようかと考えていましたが、どうもこの流れだとポイントが遠くなりそう…。

というわけで昨日と同じ立ち位置から釣りをすることに。



今回は”TKLM以外のルアー”で釣ろうと、まずはトップからチェック。

明るい内は無反応。

暗くなってからは昨日と同じように下流にルアーを流し込んでからのスローリトリーブ。

コモモ→グースとルアーを替え、何投かしてようやくヒット!

TKLM以外のルアーでやっと釣れたと思いきや、見えてきたのは丸々と肥えたウグイ…。

思えばグースで釣れるのはウグイばかり…。

レンジはTKLMとそう変わりないはずなんですが…。(汗)

アップ、アップクロス向きなのかな。



一気にテンションが下がり、早くも縛り解除。^^;(笑)

TKLMに替え、キャストしていると、岸際で何やらライズ音が聞こえます。

もしや、というか十中八九アレだろうとそちらに向かってキャスト。

岸際を引いてくると一発で出ました!

サイズはやや小さいものの、狙い通りの一匹。^^;

本命ではありませんが、なかなか良いファイトをしてくれるのでこれはこれで楽しいです。



今度は更に流す距離を伸ばし、奥のシャローエリアを狙います。

キャスト後、30カウントほどルアーを流し、軽く糸ふけを取ろうと巻き始めた瞬間にヒット!

ドンピシャのタイミングで喰ってきたのか、そもそも流している最中に喰っていたのか微妙なところ。^^;

エラ洗いでシーバスだと確認。

寄せたところで大型ではないのが見て取れましたが、これがやたら引く、走る。

サイズの割にトルクフルなファイトを楽しませてくれます。

岸際にズリ上げてランディング。

サイズは60センチに満たないものの、昨日の70後半より遥かに良いファイトをしてくれました。



サイズアップに期待して再開。

数投でヒット!

重量感から60はありそう。

寄せてくると、シーバスではないウネウネとした魚体が…

またもナマズでした。^^;

一匹目よりサイズアップ。

まぁウグイが釣れるよりは全然マシです。



この後、草の根にルアーを引っ掛け、回収の際にフックが曲がってしまったため、7時半に納竿。

昨日が良かったので今回はあまり期待していなかったんですが、2日続けて良い釣りができました。



<タックル>

ロッド:ダイワ 13 ラテオ 86ML
リール:シマノ 17 サステイン 3000XG
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 1号 + フロロリーダー 4号

遠投性が必要になるかもと、無難にシーバスロッドを選択。

シーバスロッドはこれしか持っていないもので、あまりやりたくないダイワ×シマノの組み合わせ。

このポイントなら飛距離は不要なのでトラウトロッド 「トラウトワン ネイティブSP 76ML」の方が使い勝手が良いかもしれません。



交換したハンドルの使用感は上々。

ショートハンドル化の効果でスローなただ巻きがやりやすくなりました。



<使用ルアー・ヒットルアー>

「TKLM」以外で釣るつもりが、けっきょく釣れたのはまた「TKLM 9/11」。^^;

次こそは別のルアーで釣りたいものです。

■ タックルハウス TKLM 9/11

ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ