まだまだ夏の渓流ルアー釣行

9月13日

前回があまりにも酷かったのでリベンジへ。

あまり良くはないコンディションの中、何とか綺麗なヤマメを数尾釣ることができました。

【リベンジ】 まだまだ夏の渓流トラウト

9月13日

前回があまりにも酷くさすがにこれで終わりとはいきたくないのでリベンジへ。

この日は上流エリアへ入ってみました。

午前7時入渓。

開始すぐの流れから1バイトあるもフッキングせず…。

サイズは小さそうです。

その先もたまにチェイスがありますがミノーより少し大きい程度のチビのみ。

堰堤前の良さげなポイントでも反応はなく、イワナでも居そうな堰堤も反応なし。

堰堤を越えた先の実績ポイントでようやく出ました。

大きくはないですがこれまでのサイズから比べると十分です。

ヒットルアーは久しぶりの「アレキサンドラ50HW」で。

久しぶりの綺麗なヤマメ。

更にその先のポイントで遠投後にヒットしましたが、手前まで寄せあと一歩のところでポロリ…汗

フックをチェックしてみると針先がこんなことに。

なんという初歩的ミス…。

少しサイズアップしていただけに無念です。

その先の一級ポイントではチビのチェイスのみ。

更に先はあまり実績のないエリアですがせっかくなので釣り上がってみます。

以前より地形が崩れており荒れていました。

要所々々で反応はあったものの、いずれも小型で渋い反応。

やはりダメだったかと落胆していると退渓直前にチビが釣れました。^^;

ここはこれで終了、次のポイントへ向かいます。




次は少し下って、先程の一つ下のエリア。

ここもあまり期待はできそうにないですがせっかくなのでチェックしてみます。

ここまでの反応からアップクロスで釣れることはないだろうと極力クロス・ダウンクロスにルアーを通してじっくり探ります。

すると、フローティングのシャッドプラグ(シルバークリークシャッド 50F)にヒット!

まずまずのサイズに色も少し染まって見えます。

壁際ギリギリにルアーを打ち込んでいると何度かミスキャストでルアーをぶつけ、ついにリップが・・・

もう何年と愛用していたアレキサンドラが…

完全な自分の技量不足です。汗

その先もこれといって良い反応はなく、またも退渓前に呆気なくチビがじゃれついてきました。

10時半に退渓、この日の釣りはこれで終了です。

良型とは言えないものの、この時期らしい綺麗なヤマメが釣れてひとまず満足いきました。

正直この先他のポイントを釣り上がったところで釣れる気がしません。

残すは源流のイワナくらいでしょうか。

ここのところ30℃超えの日が続いており、未だ夏が抜けない感じ。

もう少し涼しくなって雨でも降らないものか。




タックル&ヒットルアー

<タックル>
ロッド:パームス シルファー SYSSi-53UL
リール:ダイワ 19 カルディア CS LT2000S-XH
ライン:シマノ ピットブル G5 0.6号
リーダー:バリバス ストリームショックリーダー 2号(8lb)

<ヒットルアー>

・パームス アレキサンドラ AX-50HW ストリームシャッド
・ダイワ シルバークリークシャッド 50F TS
・バスデイ もののふ 50S TS