「タックル全般」の記事一覧

ICカウンター搭載リールに悩む

ベイトリール タックル全般

3台目のICカウンターリールを購入しようと、ダイワ・シマノのICカウンター搭載ベイトリールを物色中。 現在使っているものを買い足すか、新たに別の機種を買うか悩みます。 候補をダイワ キャタリナIC、シマノ バルケッタ、バルケッタプレミアムの3機種に絞り、それぞれのスペックを簡単に比較してみました。

【LTコンセプト】 LT2500番サイズ専用ローター

スピニングリール タックル全般

今回も過去記事の訂正。 ダイワ LTコンセプトリールのサイズ感について、最も汎用性の高いLT2500のローターサイズに誤りがありました。 LT2500番は、スプールサイズこそ小口径化されたものの、ローターサイズは従来の2500番と変わらないとしていましたが、正しくはLT2500専用の新規ローターサイズとなります。

ダイワ スピニングリールの立ち位置

タックル全般 新製品情報

NEWセルテートのLTコンセプトページに掲載されているダイワ 汎用小型スピニングリールのマトリックス。 順当なものから、公式がこの評価でいいのか疑問な各リールの立ち位置。 タフさ最低の19フリームスに、まだ公開されていない19バリスティックFWがさらりと載っています。

ダイワ&シマノ 汎用スピニングリールの番手サイズ換算

スピニングリール タックル全般

ダイワとシマノの汎用スピニングリールの番手サイズを換算してみました。 シマノに対して、ダイワは従来モデルとLTモデルの2系統で比較。 ダイワがLTコンセプトでスピニングリールの番手表記・サイズ感を変更したことにより、従来モデルに比べてシマノに近いものとなりました。

ダイワ 18イグジストからみる脱マグシールド & ZAIONの誤解

タックル全般

ZAION製エアローターにマグネシウム合金製モノコックボディを採用し、LTコンセプトの軽量&タフを実現した、ダイワ スピニングリールのフラッグシップモデル「18イグジスト」。 ただ、その採用したボディ材質、カスタムモデルの仕様から脱ZAION・マグシールドとする見方もあるようで、今回は18イグジストからみるマグシールドとZAION素材の今後について予想します。

ダイワ LTコンセプトとは何だったのか 軽量&タフを探る

スピニングリール タックル全般

ダイワ LTコンセプト総括。 これまでの記事のまとめと、LT - ライト&タフコンセプトの軽量&タフを探ります。 番手表記にスプールサイズの変更に伴う新しいサイズ感の登場。 薄肉アルミ製スプールによる大幅な軽量化、タフデジギアにより耐久性の向上も実現。

ページの先頭へ