ダイワ スピニングリールの爆音ドラグチューン方法

リールカスタム

ドラグ音の小ささが気になって音量アップを図ったダイワの「20ルビアス」。 前回は別のリールの部品を移植するという形で済ませましたが、今回は本来定番のドラグ音を大きくする方法である、「スプリングの加工」をやってみました。 この方法は一通りのダイワ製スピニングリールで出来るはずです。

ダイワ SLPW I型 ノンコートコルクノブを装着

リールカスタム

ダイワの海外モデル 「カルディア CS LT2000S-XH」のハンドルノブをコルクノブに交換。 まだ使ったことがなかった、SLP WORKS 「Iコルクノブ ノンコート」を装着してみました。 コーティングされた「Iシェイプコルクノブ」と簡単に比較。 耐久性は低そうですが、握り心地、滑りにくさはノンコートの方が良さそうです。

【2020年】 遊漁券&NEWトラウトルアー購入

買い物

渓流解禁まで一週間を切ったところでようやくホームリバーの遊漁券を買ってきました。 今年は鮎をルアーを釣ってみたく全魚種券。 他に2020年のNEWトラウトルアーで気になったミノー、アンフォールド(ポジドライブガレージ)の「アウトブ 50F」を購入。

【海外モデル】 ダイワ 19 カルディア CS LT 国内モデルとの違い

スピニングリール

注文から一ヶ月ほどを要し届いた海外モデルのリール、ダイワ 「カルディア CS LT2000S-XH」。 このリールのスペックと、国内モデル「18カルディア」との違いを紹介します。 一部スペックが異なるものの、基本的な違いはカラーリングのみ。 珍しいグリーンカラーが購入の決め手となりました。

【Aliexpress】 海外モデルのダイワ カルディアがやっと到着

買い物

昨日からブログの更新再開予定でしたが、ちょっと気力が湧かなくてサボってしまいました。 何から手をつけようか悩んでいたところ、グッドタイミングでAliexpressで注文していた海外モデルのリールが到着。 簡単ですが紹介しておきます。 珍しいグリーンがアクセントとなった、ダイワ 「カルディア CS LT2000S-XH」。

【渓流解禁間近】 ブログ更新再開

雑記

せっかくやる気になっていたというのに急に忙しくなって10日も更新が滞ってしまいました…。(汗) だいぶ落ち着いてきたので明日以降また再開したいと思います。 渓流解禁間近ということで来週からは渓流トラウトネタ中心の予定。

モノコックボディを分解するための専用ツール P-TOOL 必殺仕事棒2

スピニングリール リールカスタム リールメンテナンス

ダイワ 18イグジスト、19セルテート、20ルビアスに採用されているモノコックボディ。 その構造からネジがなく、専用の工具がないとバラせない分解厳禁なリールとなっています。 そんなモノコックボディのボディカバーをとあるツールを使って開けてみました。

ページの先頭へ