ダイワ 20 アルファス AIR TW 8.6L 実釣インプレ

ベイトリール

ダイワの「20 アルファス AIR TW 8.6L」の実釣インプレッション。 渓流ベイト用途では可変インダクトローターの不安定さが浮き彫りになるものの、小口径スプールとTWSの相乗効果は絶大。 明らかに以前のモデルよりルアーウェイトの下限が下がり、特に2グラム台以下のキャスタビリティが大幅に向上しています。 アンダー1グラムのキャストもそう難しくないことでしょう。

ダイワ 20 アルファス AIR TW 8.6L Fインプレ

ベイトリール

16年ぶりのフルモデルチェンジで登場したベイトフィネス特化のダイワ 「20 アルファス AIR TW」。 完全新規のフルメタルボディに、軽量かつ高剛性のG1ジュラルミン製ドライブギアを搭載。 軽量キャストの要となるスプールには、最小口径となるφ28mm G1ジュラルミン製AIRスプールを採用。 ついにTWSを搭載したベイトフィネスリールが手を出しやすい価格帯で登場しました。

ページの先頭へ