「Tips・コラム」の記事一覧

ダイワ 18イグジストからみる脱マグシールド & ZAIONの誤解

タックル全般

ZAION製エアローターにマグネシウム合金製モノコックボディを採用し、LTコンセプトの軽量&タフを実現した、ダイワ スピニングリールのフラッグシップモデル「18イグジスト」。 ただ、その採用したボディ材質、カスタムモデルの仕様から脱ZAION・マグシールドとする見方もあるようで、今回は18イグジストからみるマグシールドとZAION素材の今後について予想します。

ダイワ LTコンセプトとは何だったのか 軽量&タフを探る

スピニングリール タックル全般

ダイワ LTコンセプト総括。 これまでの記事のまとめと、LT - ライト&タフコンセプトの軽量&タフを探ります。 番手表記にスプールサイズの変更に伴う新しいサイズ感の登場。 薄肉アルミ製スプールによる大幅な軽量化、タフデジギアにより耐久性の向上も実現。

ダイワ LTコンセプト スプールとハンドルの互換性

スピニングリール タックル全般

今回はダイワ LTコンセプトモデルの互換性について解説。 LTコンセプトモデルでは、スプール支持構造の変化により従来モデルとのスプールの互換性が失われました。 また、同じLT機同士での互換性についても未だはっきりとしない点がいくつかあります。

ダイワ LTコンセプト 巻き上げ長を基に番手サイズ換算

スピニングリール タックル全般

今回はハンドル一回転あたりの巻き上げ長をベースに、従来モデルからLTコンセプトモデルへの番手サイズ換算をしてみました。 なるべく巻き上げ長が近い番手に換算してみましたが、スプール径・ギア比基準が変わったことにより、"同じ巻き上げ長” となるようリールを選ぶのは難しいようです。

ダイワ LTコンセプトで変わったギア比基準を比較

スピニングリール タックル全般

今回はLTコンセプトで変わった、ダイワ スピニングリールのギア比について。 これまでのギヤ比基準と、LTコンセプトのギア比基準を比較してみました。 新たにパワーギア(ローギア)設定が設けられ、ノーマルギアのギア比が従来よりややハイギア寄りになりました。

ダイワ LTコンセプト 従来モデルからのサイズ換算

スピニングリール タックル全般

今回はLTコンセプトで番手表記、サイズ感の変わったダイワ 小型スピニングリールについて、従来モデルからLTコンセプトモデルへのサイズ換算をまとめてみました。 汎用小型スピニングリール、従来機1000~4000番からスプールサイズを基にLT機1000~6000番へサイズ換算。 従来から変化したモデル、新たに追加された番手サイズについて解説します。

ダイワ LTコンセプトリールのサイズ感 各番手のボディ構成

スピニングリール タックル全般

今回はダイワ LTコンセプトリールのスプール・ローター・ボディの組み合わせをまとめてみました。 番手表記が変わった他、従来機よりスプールの種類は増えたものの、ローター・ボディの規格は変わっていません。 バリエーションの増えたスプール径に合わせ、それぞれローター・ボディの組み合わせが増えています。

ページの先頭へ