「装備」の記事一覧

2020年 渓流装備を振り返って

タックル 装備

釣行、タックルときて今度は装備。 2020年の渓流トラウトルアーフィッシングで使用した装備などをまとめてみました。 初期から使っていた装備が古くなったりと、今年はいろいろと装備を新調しています。

釣り用にワークマンの夏用速乾ウェアを購入

装備 買い物

釣り用(主に渓流)にワークマンの夏用速乾ウェア&パンツを買ってみました。 フィールドコアの「クライミング長袖ハーフジップ」、「ZERO DRY -5℃長袖ハーフジップ」に、ファインドアウトの「MOVE ACTIVE ICE STRETCH ミドルパンツ」。 暑くなってくるこれからの時期に重宝しそうです。

ランディングネットを新調 パームス SVリリースネット

装備 ツール

これまで渓流トラウトに使ってきたプロックスのラバーネット。 標準のラバーネットが劣化し色褪せたため、オレンジのラバーネットに交換して使ってきましたが、それもまた色褪せてきました。 フレーム自体も安物のため、いつかはもっと見栄えのする良いものが欲しいと思っていたところ、良い巡り合わせが・・・ いつかは欲しいと思ってた、お気に入りメーカーのランディングネット パームスの「SVリリースネット」を入手。 その使用感も簡単にレビュー。

渓流ベストを新調 ダイワのフィッシングベスト

装備

長年愛用し、ボロくなったベストを新調。 これまでにいくつかのベスト、バッグを試した結果、けっきょく最初に選びずっと使い続けてきたダイワのベストに落ち着きました。 渓流専用、必要最小限の収納力を備え、機動性に優れた「DV-3408 ダイワ・フィッシングベスト」。

安物の偏光グラスは渓流で使えるのか

Tips・コラム 装備

木陰などで薄暗いシーンが多い渓流では、暗いグレー系の偏光グラスでは明るさを確保できず役に立たないことが多いです。 渓流に適した明るいレンズカラーの偏光グラスは高価で、その相場は最低でも2万円から。 たまたま明るいレンズカラーの安価な偏光グラスを入手できたので渓流で使えるか試してみました。 定番のタレックス イーズグリーンレンズと比較して使用感をレポート。

ページの先頭へ