スポンサーリンク


AJK762UL Part2 グリップ製作 その2

前回の続き

このままだと不格好なので形を整えます。

旋盤があれば作業が捗るわけですが、個人で持っているわけないので、
まずは目の粗い木工用ヤスリである程度削ります。
(模型用は目があまり粗くないので不向き)

20130920-1

あとは通常の紙やすりで仕上げます。(紙ヤスリは400番)

20130920-2

作業のコツとしては、削る対象を回しながらできるだけ一定の力下限でヤスリがけを行うこと。

とにかく均一になるように削ります。


お次はカーボンパイプの切断
20130920-3

今までは目立てヤスリで地道に削り落としてカットしましたが、
今回は小型の模型用ノコギリで切断しました。


ある程度の加工が終わったので、ここまでで出来る範囲内でパーツを接着します。

まずはリアグリップを接着

セパレート部分にはカーボンパイプを被せました。

これはただの重量増にしかならないので出来ればやらないほうがいいのですが、
ベイト版に被せてあることと、被せないとチェックのサイズが合わないので被せました^^;
20130920-4一応、長さは最低限の長さに抑えています。

あとはアーバーを加工すればすべて接着出来そうです。

グリップ部分は明日か明後日には完成しそうです。

ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ