シマノ スピニングリール 「2500」と「C3000」の違い


偶然手元に揃った「ストラディックCI4+」の2500SとC3000番。

何かと分かりにくいシマノ製スピニングリールの番手「2500S」&「2500HGS」と「C3000」の違いを解説します。



「2500S」と「C3000」は共通ボディ&ローター

シマノ製スピニングリールリール 「ストラディックCI4+」の「2500S」と「C3000」を比較してみます。

ちなみに「2500S」と「2500HGS」はそれぞれノーマルギアのハイギアのギア比違い。

分かりにくいかもしれませんが、ボディ&ローターは共通で同サイズになります。



スプールは同一径で互換性あり

スプールも同サイズでΦ46.5mm、互換性があります。

違いは、ラインキャパ(糸巻量)最大ドラグ力



2500S C3000
最大ドラグ力 4kg 9kg
糸巻量(フロロ) 5lb-100 16lb-100m
糸巻量(PE) 0.8号-150m 1号-400m


ラインキャパは溝の深さで、「2500S」の “S” は「シャロースプール」の意味で浅溝。

「C3000」は深溝なのでルアー用途ではまず下巻きが必要になります。



最大ドラグ力はドラグ構造が違い、スプール内部のワッシャーの枚数が異なります。

「2500S」はドラグの滑り出しに優れた単板、「C3000」は最大ドラグ力に優れた複板になります。

関連記事:シマノ ストラディック C3000M スプール



用途によるハンドルノブの違い I型 or T型

想定される用途からハンドルノブのタイプが異なり、「2500S」はI字型、「C3000」はT字型のノブになります。

ちなみにハンドル長はハイギアタイプの方が5mm長くなることが多いです。



「2500」と「C3000」のまとめ

「2500」と「C3000」の違いまとめ。



ボディ&ローターは共通で同サイズ

スプールも同一径で互換性あり

違いは糸巻量と最大ドラグ力

2500:I型ノブ、C3000:T型ノブ



<主な用途による使い分け>

2500・・・ブラックバス(フィネス)、エギングなど

C3000・・・ブラックバス(パワーフィネス)、シーバス、サーフゲームなど



基本的に2500Sはライトラインを使用した繊細な釣り向き、C3000はパワーゲーム向けの番手になります。

ドラグ特性、最大ドラグ力がポイント。

ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ