スポンサーリンク


スピナーの試作

前々から作ろうと思っていた自作スピナー。

モノは揃っていたものの、なかなか手が付けられずにいて遅れてしまいましたが、
これから源流での釣りが多くなるので試しに2個だけ作ってみました。



材料はこちら。
20150707-5

シャフトは以前注文していたNTスイベルの「NTパワーシャンク」。

ブレードは市販のインラインブレード、ビーズは百均です。

シンカーはとりあえずはタングステン製とブラス製のバレットシンカーを使います。



お試しなので作り方とかはある程度完成度が上がってから追々投稿します。



作る上での見本はこの2つ。

■スミス 「AR-S」、アングラーズリパブリック 「スピンウォークQR」
20150707-9

シャフトの長さだとか、ビーズ類の位置などの参考に。



それでは早速作っていきます。

基本ステンレス線を曲げて各種パーツを通すだけなので作業は単純。
20150707-6

ただ、思ったよりシャフトが硬くて曲げるのに苦労しました。^^;(汗)



ブレードにはダイソーのテープを貼ってデコレーション。
20150707-7

赤は発色が暗くてイマイチでした。



フックはがまかつの「ナノヤマメ」を抱き合わせで。
20150707-8

針の大きさが小さめですが、
源流で釣れるアベレージサイズは小型が中心なのでそれに合わせています。

大物が掛かったときのことは今のところ考えてません。
(一応この針での最大サイズは先日のヤマメ27cm)



とりあえずはこれで完成。

ゴールドブレードの方はブラスシンカーで3gちょっと、
シルバーブレードの方はタングステンシンカーで4.5gほどあります。
20150707-10

早速源流で試してきたので詳細は明日更新します。

写真は釣行後のものでシルバーの方が早速ブレードの穴が錆びてますね。。

ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ