スポンサーリンク


打倒リュウキ? ダイワ シルバークリークミノー 50Sが良い感じ

試しに一つだけ買ってみた、ダイワのNEWトラウトルアー 「シルバークリークミノー 50S」。

ヒラ打ちアクションを発生させやすい扁平ボディのヘビーシンキングミノー。

国産、アルミ貼り仕様で実売千円前後と、なかなか良さそうなミノーです。



■ DAIWA SILVER CREEK MINNOW 50S

基本性能を徹底的に研ぎ澄ましたハイパフォーマンスミノー

目指したのは基本性能を徹底的に研ぎ澄ますこと。
ダウンクロスでの安定感はもちろん、適度に引き抵抗を残すことでアップクロスにおいてもしっかりとした操作感を得ることが出来る。
ボディ側面は、アルミ貼り仕様にすることで高級感のあるフィニッシュと魚に違和感を与えない柔らかな光の反射を実現した。
信頼のMADE IN JAPAN。

サイズ:50mm
ウェイト:4.5g
フック:ブラックトレブル #12
メーカー希望本体価格:1,100円

出典:DAIWA : シルバークリーク ミノー 50S – Web site

SILVER CREEK PRESS:シルバークリークミノー50Sをご紹介 – PRESSO PRESS



▼これまでに発売されたダイワのトラウト用ミノー

・Dr.ミノー ドクターミノー 50S
・ワイズミノー 50FS
・シルバークリークミノー 50S

その他、撮り忘れましたが、「ドクターミノー ジョイント」などもあります。

ちなみに今回発売されたものと同名、「T.D.ミノー」ベース?の「シルバークリークミノー」というルアーもありました。(現在は廃盤です)



▼サイズ比較

いずれもスタンダードな50ミリ。

サイズとは関係ありませんが、アルミ貼り特有の光の反射が見て取れます。



▼ボディ比較

ワイズミノーはずんぐりとしたファットボディのウォブンロール系でしたが、今回のシルバークリークミノーは平べったい扁平ボディの平打ち系になっています。

アンリパの「アレキサンドラ」やデュオの「リュウキ」のように、いかにもヒラを打ちそうなフォルムですね。



打倒リュウキ?

ライバルは、DUOの「スピアヘッド リュウキ」でしょう。

以前は安価で使えるミノーの定番といえばドクターミノーでしたが、リュウキの登場で一変。

コスパに優れたミノーのポジションをすっかり持っていかれてしまった印象です。

今回のシルバークリークミノーは、近年主流になりつつある扁平ボディの平打ちタイプ。

更にアルミ貼り仕様で実売千円前後と、リュウキより若干高いですが、それでも十分に安い方です。

ダイワなので安定供給も期待できるでしょう。



ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ