スポンサーリンク


嵐山FA謹製 “リンリンボール”の威力

先日の管釣り釣行で釣果にはあまり結びつかなかったものの、予想以上の反応を見せたルアー?「リンリンボール」をご紹介。

関連記事:嵐山FAで久々ボトムの釣り ダイワ NEWセオリー入魂

リンリンボール」は、嵐山フィッシングエリアで1個100円で販売されているネタルアー。

百均の鈴にリングとフックを付けただけのもので、釣れたときに鈴の音が鳴ることからリンリンボールだそうです。



ただのネタルアーかと思いきや、これが思いの外効果があり、ペレットタイムの反応は抜群。

着水音、サイズ感がペレットと酷似しているのか、マス達が異常な反応を示します。
(同じようにマイクロスプーンを投げてもリンリンボールほどの反応は得られませんでした)

効果はペレットが撒かれた瞬間と、撒き終わってから20分ほどのマスが上から降ってくるものに強く反応を示す間のみ。

ルアーの結束はスナップを介さず、スプリットリングに直結。

複数人で投げるとより効果的です。

着水した瞬間だけでなく、トゥイッチのようなアクションにも反応します。

その場合、基本的に反応はしても直前で見切られることがほとんどですが、複数匹のニジマスが同時にチェイスしてきたときは口を使う可能性が高いです。
(他のマスに奪われまいと、焦って口を使いやすくなるため)



ちなみに釣行前に自作したものも使ってみましたが、効果は今ひとつでした。

百均(ダイソー)でそれっぽい鈴を買い、リングとフックを接続。

本物のリンリンボールと比べると大きさが違います。

リンリンボールの直径が7.5ミリなのに対し、自作したものが約6ミリ。

これだけで全然というくらい効果にはっきりとした差が出ました。

やはりリンリンボールの大きさがちょうど嵐山FAのペレットとマッチしているようです。

嵐山FAに行かれた際はぜひお試しください。

ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ