スポンサーリンク


プラノ 1612 改造 ゴム底脚の取り付け

プラノ 1612 にゴム脚を取り付けてみました。
20130309-1



ご覧の通り、プラノ 1612には脚になるようなものがなく、底が直接地面に当たるので、
使っていく内にボロボロになってきます。
20130309-2
このままでも機能的には問題ないのですが、
個人的に道具はなるべくキレイに使いたい(傷を付けたくない)派なので
ゴム脚を取り付けてみることにしました。

▼必要なもの
20130309-3
・ゴム底脚
・トラス小ネジ M3 10mm
※小ネジのサイズはゴム脚に合うもの(ゴム脚の穴にナットが収まるサイズ)

価格は共に158円くらいだったと思います。

どちらも同じ物があるかはわかりませんが、大抵のホームセンターに置いてあると思います。
(ちなみにカインズホームで購入しました)

なぜ、別途ネジが必要なのかというと、ゴム脚に付属のビスが使えないため
20130309-4
ご覧の通り、付属のビスだとボックス内部に尖った部分が剥き出しになってしまいます。

小ねじで固定する場合、ねじのみだと穴が開かないのでピンバイスか何かで穴を開けます。
20130309-5

ゴム脚にナットを嵌め、
ナットを棒か何かで抑えながらボックス内側から刺したボルトで固定します。
20130309-6

これでボックス内部に最低限の凹凸のみで取り付けることができました。
20130309-7

ゴム脚取り付けのメリットは、
底が傷つかないことと、多少なりとも滑り止め効果が期待できることくらいでしょうか。

300円程度でできる改造なので、少しでも気になる方にはおすすめです。

参考になりましたらポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ