スポンサーリンク


フィッシングショー大阪 2014 レポート Part2 Fuji & Matagi

フィッシングショー大阪 2014 レポート Part2

今回はロッドクラフト関係の富士とマタギです。



■富士工業株式会社
20140208-13

カタログは無料でした。

年々分厚くなってきています。

目玉の「トルザイト」については以前にも触れたので割愛。
(特に新しいラインナップが増えていたりなどはありません)

今回見たかったのは新型のリールシートです。

写真は撮っていませんのでカタログから。

ベイト用新型パイプシート「PTS」
20140208-14
PTS-「パーミングトリガーシート」

右ハンドルのリールしかセットされていなかったので、
イマイチ感覚は摑めなかったものの、なかなかよい感じでした。

今までのECSは薄く、ACSは厚く感じた中、
こちらは中間くらい握り心地で無難に使えそうです。

トリガーもやや短くなっています。



スピニング用新型パイプシート「TVS」
20140208-15
TVS-「タイトVスピニングシート」

スピニング初のブランクタッチシート。

ブランクタッチ云々よりは、細身のV字形状からキャスト精度の向上が図れるようです。

アジ、メバル、トラウトにも使えそうですが、どちらかと言えばブラックバス向けに感じました。

こちらは形状からアップロック固定のようです。



どちらもブランクタッチできるタイプだったので、
ECS、ACSのように細かく内径刻みがあるのかと思いきや
あらかじめカーボンパイプが嵌めてあり(接着済み)内径は固定です。

<内径>
PTS:15mm
TVS:14mm

今回のシートは今までの無塗装ではなく、
ブラック光沢とブラック特殊滑り止め塗装の2種のみで無塗装がラインナップにありません。

価格はPTS、TVSともに3,600円とまた高い。

無塗装の3倍します。

※後述のマタギの方で無塗装のラインナップがありました。



もう一つ、「PLS」パーミングサポートライトウエイトシートというものがありますが、
こちらはジギングや船竿向けのシートなのでとりあえずスルー。



■釣り工房マタギ
20140208-16

こちらもカタログは無料。

展示物は去年と同じくワインディングチェック類と塗装されたリールシートのみでした。

新製品はABS素材のリアグリップと集積コルクのバットエンド。
20140208-17

ブランクはジギング用が何本か追加されたくらいです。



新型リールシートの無塗装版がラインナップにあります。

20140208-18

価格は1,000~1,400円と今までのリールシートと同じくらい。
(マタギにしか取り扱いのないフードナットタイプあり)

ただし、無塗装の方にはカーボンパイプが入っていないようです。

その分内径が各1mmアップ。


あと、ガイドメーカー?なのか、富士とは違うガイドを展示しているブースがありましたが、
あまり人がおらず何だか妙な雰囲気だったのでスルーしました。



その他、ロッドクラフトといえば、大阪本社のJustaceがブースを出してくれないかなぁ
なんて願望も。。

ブランクに触れる機会がないので、
こういった機会に各ブランクを展示して貰えると選びやすいんですが。

ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ