スポンサーリンク


ベアリングの脱脂・洗浄方法

ベアリングの脱脂(洗浄)方法をご紹介
(脱脂とは・・・ベアリング内のオイル・グリスを抜くこと)

ベアリングの脱脂・洗浄が必要なケース

・ベアリングの増設前に
市販のベアリングは、通常、出荷時にあらかじめグリスが注入されており、
そのままでは十分な性能を引き出せません。

そのため、内部で固着したグリスやゴミを落とすため、洗浄が必要です。

※ヘッジホッグスタジオなど、ベアリングチューン用のものは脱脂しなくてよいようです。

・リールのオーバーホール時に
使用に伴って付着したゴミや汚れなどを洗浄し、飛んで不足したオイルを再補充します。



<必要な工具類>

・パーツクリーナー(または灯油、ジッポオイルなど)
・エアーダスター
・オイル
・洗浄用の容器(瓶、チャック付き袋など)、2個以上あると便利
・ピンセット
・キッチンペーパー(またはティッシュなど)

<作業手順>

1.ベアリングの洗浄

ビンにパーツクリーナー、ベアリングを入れ、漬け込みます。
(1,2個程度なら小袋でも構いません)

エアーダスターをベアリングの隙間にブクブクとなるよう吹きかけます。
(※リール用のミニチュアベアリングは振らない方が良いようです)

クリーナー液を交換しながらこの作業を繰り返します。

洗浄後のクリーナー液がこちら

ゴミや汚れがほとんど見えなくなれば洗浄作業は終了です。



2.注油

洗浄したベアリングをキッチンペーパーの上に置き、クリーナーの揮発を待ちます。

エアーダスターを軽く吹きかけゴミを飛ばし、オイル、またはグリスを注油します。
(基本的にリールに使用するベアリングはオイルでいいかと思います)

今回はスプレー式を使用していますが、
スプレー式ではない垂らすタイプの方が注油しやすいです。

注油の際の注意点としては、オイルを入れ過ぎないこと。

入れ過ぎは返って回転を妨げるので、1,2滴ほどでOKです。



3.動作チェック

ベアリングを綿棒などで固定し、指で軽く回します。

ゴロゴロしているようなら再度洗浄します。

何度洗浄してもゴロゴロするようなら、
ベアリングの不良ですので別のものを使用しましょう。

参考になりましたらポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ