スポンサーリンク


スプーンの塗装剥離方法 前編

スプーンを始め、メタルジグなどの金属製ルアーの塗装剥離方法を紹介します。

20141124-1

以前スプーンリペイントの際に同じような内容を載せたことがあるので、
今回はより詳細に、使用する溶剤の比較も掲載します。



今回塗装を剥離するスプーンがこちら。
20141124-2

中古のものから買ったばかりで新品未使用のものまでいろいろ。

一度も使っていないカラーの剥離は気が引けますね。。(汗)



ちなみに剥離しない方がよい(もったいない)カラー。
20141124-3

・シルバー & ゴールド

これらは所謂塗装ではなく、メッキ加工処理が施されています。

ゴールドは材質(主に真鍮)そのものの色である程度再現できますが、
メッキシルバーは塗装では再現できません。

※メッキシルバーのような輝きを再現できるスプレー塗料もあることはありますが、
塗膜強度が極端に弱く、ルアーとしての実用に耐えません。



・ホワイト

明るい色の下地としてそのまま使えます。

また、黒や焦げ茶など、隠蔽力の高いカラーに塗る場合は、
剥離せずにそのまま塗り重ねても構いません。



■剥離に使用する溶剤
20141124-4

左から

・IPA(イソプロピルアルコール)
ガソリン車用水抜き剤の主成分、IPA。
プラグの塗装剥離に使用した溶剤です。

・ラッカーシンナー ツールウォッシュ
ラッカーシンナーの薄め液ではなくて、洗浄用のより強力な溶剤。

・アセトン
様々な有機化合物を溶かすのに使われる溶剤。
マニキュア落とし(除光液)などにも使われています。

いずれも臭いがキツく、引火性が高いので取り扱いにはくれぐれも注意しましょう。



それぞれ塗料の剥離具合を比較するため、メーカーが偏らないように分割。
20141124-5

瓶にスプーン、溶剤をそれぞれ入れて蓋をします。
20141124-6

このまましばらく放置。
20141124-7

写真は溶剤を入れた直後のものですが、
ラッカーシンナー、アセトンは早速一部塗装が剥がれています。

IPAは見た感じ変化はありません。



時間がなかったので今回はここまで。

後編に続きます。

参考になりましたらポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ