スポンサーリンク


高比重PEライン シマノ セフィア G5 PEを巻いてみました

新しいリールを買い、実釣の前にまずはライン巻き。

無難なものを巻けばいいんですが、
何となく変わったものを試してみたくなってしまいます。^^;(汗)



今回新たに購入し、巻いてみたラインがこちら。

シマノ セフィア G5 PE

20160612-1

5本編構造+5色マーキングのエギング用高比重PEライン。



特徴・スペック

20160612-2

メーカー製品ページはこちら



5本編構造による高比重

一般的な4本撚りや8本撚りとは異なる”5本撚り”のPEライン。

高比重PTFE繊維(フッ素繊維)に4本のPE原糸を編みつけた5本編み構造により、
ナイロンライン(比重:1.14)を超える高比重を実現。

通常のPEラインは比重が軽く水に浮いてしまいますが、
この「セフィア G5 PE」は比重:1.25~1.43と高く水に沈みます。

ラインが沈むことによってエギ(ルアー)が沈みやすくなり、
底取りがしやすく、余分なラインスラッグが出にくくなるといったメリットが生じます。

更にPEラインの欠点であった横風への弱さも低減されることでしょう。



号数によって比重が異なります。

通常のPEライン・・・比重:0.98

G5 0.5号・・・比重:1.43
G5 0.6号・・・比重:1.36
G5 0.8号・・・比重:1.32
G5 1.0号・・・比重:1.25

参考までに、フロロカーボンライン・・・比重:1.78



こういったシンキングPEやサスペンドPEといったラインは弱いイメージがありますが、
このセフィアG5はなかなかの強度を誇ります。

G5 0.5号・・・最大強力:8.4lb
G5 0.6号・・・最大強力:12.1lb
G5 0.8号・・・最大強力:13.7lb
G5 1.0号・・・最大強力:16.3lb

また、JAFS(日釣工釣糸標準規格)に遵守とあるので、
高強度ラインにありがちな「号数の割に太い」ということはないようです。

実際に触ってみても特に太いとは感じませんでした。



ラインナップは、0.5号、0.6号、0.8号、1.0号の4種。

150m巻き(全号数)と、200m巻き(1号以外)があります。

カラーパターンは、5色×10mに1mピッチマーキング。



本体価格は150mが2,490、200mが3,100円。

実売は2,000円ほど(150m)と比較的安価です。



巻いてみました

同シマノ 「16 ストラディックCI4+」2500HGSに巻いてみました。
20160612-3

号数はせっかくなので一番比重の高い0.5号を選択。

一応はエギング用のラインですが、
エギングで使う予定はなく、ライトゲーム全般に使ってみるつもりです。

50mほど巻かずに残してあるので、こちらは渓流で使ってみたいと思います。



ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ