スポンサーリンク


DUO 「スピアヘッド リュウキバイブ 45S」 「テトラワークス スピン」

デュオの2017年新製品、「スピアヘッド リュウキバイブ 45S」、「テトラワークス スピン」の紹介。

「スピアヘッド」はトラウト、「テトラワークス」はライトソルト向けのブランドです。



■ DUO SPEARHEAD RYUKI VIB 45S

常に新化し続けるリュウキシリーズに新たな血統、リュウキバイブ45

近年トラウトフィッシングにおいて様々な河川にてポイント開拓やテクニックが確立される中、渓流域での小さなスポットやディープエリアを攻略する上で必要なアイテムとしてバイブレーションの登場です。
アップストリームでのリフトアンドフォール、ダウンクロスでボトム付近のスローリトリーブなど幅広く使う事の出来るバイブレーションは、ミノーやスプーンでは攻める事の出来なかったポイントへのアプローチが可能になります。
背中部のフィンにより立ち上がりが早く、リトリーブ時に小刻みなバイブレーションは手元に感じますが引き抵抗は軽く抑えているので流れの中でも扱い易いモデルです。

Length 45mm
Weight 5.3g
Type 重心固定・シンキング
Hook #12
Price ¥1,100

引用元:SPEARHEAD RYUKI VIB – FRESH WATER | DUO



「スピアヘッド」シリーズ初のバイブレーションプラグです。

背中のフィンが特徴的な全長45ミリの小型バイブ。

いずれはこのままサイズアップした本流用モデルも登場しそうですね。



▼リュウキシリーズとサイズ比較

▼テトラワークス ビビとの比較

「リュウキバイブ」より先に発売された小型バイブのテトラワークス 「BIVI」。

これとどの程度使用感が違うのか試してみたいものです。



渓流トラウトに小型バイブ。

過去に何度か使って、釣れることは釣れますが、今ひとつこれじゃなきゃってルアーでもないんですよね…。

せっかく買ったことですし、またバイブの有効性を試してみたいと思います。






■ DUO TETRA WORKS SPIN

全レンジ攻略の要!喰わすより、喰われるテールスピンジグ=テトラワークス スピン登場!

マイクロプラッキングブランド「テトラワークス」から、ハイパフォーマンス・テールスピンジグが登場!
自重5g&サイズ27mmの高比重ボディは強風下でも抜群の飛距離を誇り、また優れた直進性能がもたらす「自在」なレンジコントロールをリトリーブスピードとロッド角度により容易に演出することが可能です。
コロラドブレードはスローリトリーブでも、スムーズに回転&フラッシング効果とライブラリーな波動でバイトを誘発!
ストップ&ゴーやリフト&フォールでもリニアに反応します。
ライトゲームにおけるパイロットルアーとしてその性能は秀逸。
表層からボトムまでターゲットを問わずに活躍してくれること、間違いなしです!

Length 28mm
Weight 5g
Type 重心固定・シンキング・スピンテール
Range #14m
Price ¥950

引用元:Tetra Works SPIN – SALT WATER | DUO



ブレード系ルアーといってもテールスピンジグとは違い、スピナーに広く用いられるクレビスを使用した珍しいルアー。

ブレードは振動の強いコロラドブレード。

アカキンカラーでこれなので、ブレードのカラーはシルバーのみのようです。



▼スミス AR-S 3.5gと比較

ご覧の通りボディが小さく、シルエットは小さめ。



ライトソルト用のルアーですが、渓流トラウトにと考えており、個人的にリュウキバイブより期待しています。

釣れっぷりに期待というよりは、使ってみたいと思わせるルアーですね。

5グラムと重めなので場所を選びますが、スピナーのように使ってみるつもりです。



ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ