スポンサーリンク


【白イカ・イカメタル】 スピニング or ベイト それぞれのメリット・デメリット

白イカ・イカメタル入門

第2回は、タックルの選び方 スピニングタックル or ベイトタックル

スピニングとベイトの2タイプから選べるイカメタルタックル。

どちらが良いのか?

それぞれの特徴、メリット・デメリットを解説します。



スピニングタックルとベイトタックル それぞれの特徴とメリット・デメリット

イカメタルには、スピニングタックルとベイトタックルの2タイプが用いられます。

それぞれ良いところもあれば悪いところもある2種のタックル。

スピニングタックルとベイトタックルのメリット・デメリットをまとめてみました。



<スピニングタックル>

▼メリット
・操作性が良い、誰でも扱いやすい
・キャスト可能
・ハンドル一回転当たりの巻き取り量が多い(ベイトに比べて)
・疲れにくい
・リールを流用しやすい

▼デメリット
・タナ取りが難しい(ラインカラー頼り)
・若干手返しが悪い(ベールの開閉時)



誰にでも扱いやすいスピニングタックル。

小さなアクションから大きなアクションまで幅広く対応し、スローな誘いも得意。

リールを流用しやすいのも大きなメリットです。

欠点はやはり棚取り。

イカメタルで重要なタナ取りがラインカラー頼りになるため、細かなタナ取りには不向きです。

そのためかライトなロッドが多く、浮いたイカを狙うのに適しています。



<ベイトタックル>

▼メリット
・タナ取りが容易(カウンター付きリールなら正確)
・フォール時のアタリが取りやすい
・手返しが良い(クラッチのON OFFが早い)

▼デメリット
・キャストが難しい(出来なくはないですがスピニングほど楽に飛ばせません)
・スピニングに比べるとやや疲れやすい



正確な棚取りが可能なのが最大のメリット。

ただし、カウンター付きリールに限ります。(ない場合はスピニング同様ラインカラー頼り)

スピニングと比べてアクションの幅は狭く、単調な誘いになりやすい印象。

リールの位置関係とロッドのトリガーから、長時間使っているとスピニングより疲れやすく感じます。



どちらが良いのか

以上を踏まえてどちらが良いのか。



はっきり言って好みです。^^;

スピニングが良いって人もいれば、断然ベイトって人も。

とはいえ、最終的にはカウンター付きのベイトタックルに落ち着くことがほとんどでしょう。

上記の内容だと一見するとスピニングの方がメリットが多く感じますが、ベイトタックル(カウンター付きベイトリール)にはそれ以上のアドバンテージがあります。



使い分けに関していえば、イカメタル(釣り方)のみでスピニングとベイトを使い分ける意味はほとんどありません。

釣り方(リグ)に応じて使い分けるのがベストでしょう。



以下、自分の使い分けを紹介します。

・イカメタル → ベイトタックル

タナ取り重視

レンジを細かくサーチするのに適しています。



・中オモリ式エギング → スピニングタックル

操作性重視

この釣り方は誘い自体は単調で極端にいえばフォール時間をどれだけとるかどうか。

棚もざっくり誘い上げて釣るのでシャクリやすいスピニングが適しています。

ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ