スポンサーリンク


セルテートのローターの外し方

「13 セルテート 2004CH」のエアローターの重量を測ろうと、
分解した際にローターが外しにくく、手間取ったので参考までに取り外し方法を紹介します。

20140228-1

マグシールド搭載リールは、これしか所有しておりませんので、
他のマグシールド機も同様の形状をしているのかは分かりません。



<分解手順>

留め具(スプールメタルリング)をマイナスの精密ドライバーなどで外します。

20140228-2

吹っ飛ばして無くさないように注意。



留め具を外せば、メタルカラー(BB)、ワッシャー、クリックホルダーが外せます。

20140228-3

ただ引き抜くだけです。



先ほど使ったマイナスドライバーでスプールメタルに刺さっているピンを押し出します。

20140228-4

ピンを抜くことでスプールメタルが外せるようになります。

20140228-5

ここまでは問題ありません。



問題はここから。

セルテートのローターは、掘りが深く、ローターを固定しているナットも薄くなっています。

20140228-6

ベイトリールのハンドルを固定しているナットを外すのに使っている、
10/12mmのスパナを使って外そうとしたのですが、
ローターの掘りが深く、ナットが薄いので、スパナでは十分な接地面積が得られません。

20140228-8

このまま強引に緩ませようとしてしまうと、ナットを歪めてしまいます。



ちなみに従来のリール(07 ルビアス)はこのようになっており、スパナでも簡単に外せました。

20140228-7

段差もなく、ナットも厚いのでスパナが適切に使えます。



スパナは使えないことが分かったので代用品を探しました。

代わりのツールがこちら。

「メガネレンチ」12mm
20140228-9

ストレートのものではなくて、クランク?形状のタイプです。

わざわざこのためだけにホームセンターで買って来ました。^^;



ローターに干渉することなく、ナットにぴったりと嵌りました。

20140228-10

回す前にナット横のネジを外し、左に回します。



これでようやくローターを外すことが出来ました。

20140228-11

以上、分解する必要はまったくありませんので、参考までに。

ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ