スポンサーリンク


シマノ 17 サステイン 3000XG Fインプレ 各部特徴と重量

注文していた、シマノ 「17 サステイン」が届きました。

番手は「3000XG」。

ダイワでいうところの2500Rのようなサイズ感です。



■ シマノ 17 SUSTAIN サステイン 3000XG

強さと感度の両立! 最新テクノロジー満載で登場

強さと感度をコンセプトに「SUSTAIN」誕生! 強さを形作る[HAGANEギア]、[HAGANEボディ]、高感度を実現する[NEWマグナムライトローター]など、最新テクノロジーを惜しむことなく投入。さらに[Xプロテクト]により高い防水性能を確保したことで高次元で両立した感度と剛性感、快適な使い心地を長く堪能できる。幅広いフィールドで活躍する4アイテムがラインナップ。

サステイン [SUSTAIN]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-



<付属品>

・リール本体
・外箱
・リール袋
・取扱説明書 分解図セット
・スプール糸止めシール
・スプール調整座金
・リールレンチ



外観と各部特徴・重量

いつも通り外観と各部の特徴・重量をみていきます。

カラーリングは「エクスセンス」シリーズを意識しているのか、ツヤありのブラック基調。

マットブラックのハンドルが浮いていてあまりカッコよくはありません。

ハンドルは無難にシルバーで良かったかな…。

ちなみに生産国はマレーシアとなっています。(Made in Malaysia)



▼リール総重量

自重:235g

カタログスペック通りです。



<スプール>

大径ドラグノブタイプの3000番スプール。

スプール径は2500番台と同じく、46.5ミリ径。

同サイズのスプールと互換性があります。

リジッドサポートドラグ採用のため、スプール内にBBを内蔵。

ドラグは多板式で「カーボンクロスワッシャ」を採用。

スプールエッジはコーティング有り?

ちなみにドラグノブは「16 ストラディックCI4+」と同じく若干軽量なタイプです。



▼スプール重量

自重:41.0g

参考までに
・15 ストラディック 2500S・・・約35グラム
・15 ストラディック C3000M・・・約50グラム
・16 ストラディックCI4+ 2500S・・・約29グラム



スプール一式の価格は、「C3000HG」、「3000XG」共に6,000円。

BB入りのスプールとしては安価です。



<ローター>

カーボン樹脂CI4+製の最新「NEWマグナムライトローター」を採用。

ベールアームは「チタンワンピースベール」を採用。

ラインローラーは特殊撥水処理が施された一体型タイプ(1BB仕様)。



▼ローター重量

自重:32.5g

参考までに
・15 ストラディック 2500S 高剛性ローター・・・約45グラム
・16 ストラディックCI4+ 2500S NEWマグナムライトローター・・・約31グラム



<ハンドル>

55ミリのシングルハンドル。

製品ページの写真からT字ノブかと思いきや、EVA製のラウンドノブでした。

このラウンドノブ、気持ち小さくて微妙な握り心地です。

T字ノブは「C3000HG」と「4000XG」に、ラウンドノブはこの「3000XG」と「C5000XG」に採用されています。

付属品のリールレンチはラウンドノブのキャップを外す際に使用します。

また、ノブ内は1BB仕様。

17 ツインパワー XD」とのベアリング数の差はこの部位のようです。



▼ハンドル重量

総重量:28.3g

内訳
ハンドル本体:19.8g
ハンドルノブ:7.7g
その他、BB・カラーなど



<ボディ>

アルミ製の「HAGANEボディ」。

形状はもちろん「Gフリーボディ」。

気になるオールアルミボディなのか、ハイブリッドボディ(半プラ)なのかはお察しの通りです。

ボディについては次回詳細をアップ予定。

関連記事:シマノ 17 サステインはアルミと樹脂のハイブリッドボディ?

まぁここは先に発売された「17 ツインパワー XD」と差別化が図られるはずの部位なので想像通りでした。



<Xプロテクト>

従来の「コアプロテクト」の進化版「Xプロテクト」を採用。

水の侵入を抑えるラビリンス構造を採用することにより、更なる防水性の向上が図られています。

従来の「コアプロテクト」と同様に非接触タイプのシールを採用しているため、回転の抵抗になりません。



<リジッドサポートドラグ>

メインシャフト、スプール内のベアリング2点でスプールを支持する「リジッドサポートドラグ」を採用。

「ストラディック」シリーズには採用されなかったドラグシステムです。

スプール内のワッシャーは「カーボンクロスワッシャ」を採用することにより、耐久性も向上。



ファースト・インプレッション

以前、「15 ストラディック」と「16 ストラディックCI4+」を合体させてみたリールが現実に。

関連記事:15 ストラディックにNEWマグナムライトローターを装着

HAGANEボディにNEWマグナムライトローター採用という、理想的な中型スピニングリールに仕上がっています。
(もちろん一部残念なところもありますが、まぁここはグレードからして仕方ありません)

上記以外にも定番の「HAGANEギア」、「X-SHIP」も採用されており、正に全部載せといった感じ。



実釣はまだですが、空回しした限りではエキストラハイギアという高ギヤの割に回転は滑らか。

ローターが軽いおかげで巻き始めもギア比を感じさせない軽さです。



対象は、ライトショアジギング、磯ヒラ、シーバス、ハードロックフィッシュ、大型トラウトなど。

「17 ツインパワー XD」は高くて買えないって方にオススメできるリールに仕上がっています。





ポチッ!とお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ