なぜかAmazonで半額近くとなっていた、シマノ 「17 サステイン 4000XG」。

これといった使いみちがないにもかかわらず、ついポチッとしてしまいました。^^;

関連記事:【Amazon】 シマノ サステイン、ダイワ Xファイアが大特価

注文時点では納期1~4週間だったのですが、思ったより早く届きました。



シマノ 17 サステイン 4000XGのスペック

強さと感度の両立! 最新テクノロジー満載で登場

強さと感度をコンセプトに「SUSTAIN」誕生! 強さを形作る[HAGANEギア]、[HAGANEボディ]、高感度を実現する[NEWマグナムライトローター]など、最新テクノロジーを惜しむことなく投入。さらに[Xプロテクト]により高い防水性能を確保したことで高次元で両立した感度と剛性感、快適な使い心地を長く堪能できる。幅広いフィールドで活躍する4アイテムがラインナップ。

<4000XG スペック>

ギア比 巻き上げ長 スプール径 自重 ドラグ力 糸巻量 ハンドル長 BB数 本体価格
6.2 99cm 51mm 285g 6.0/11.0kg PE 1.5号-320m 55mm 8/1 37,000円

サステイン [SUSTAIN]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-



先に購入・使用した3000XGのインプレなど、関連記事がこちら。

<関連記事>

シマノ 17 サステイン 3000XG Fインプレ 各部特徴と重量

シマノ 17 サステインを改造 フルベアリング 11BB化

シマノ 17 サステイン 機関部など、細部をチェック

シマノ 17 サステインはアルミと樹脂のハイブリッドボディ?

シマノ 17 ツインパワーXDとサステインを比較 違いはボディ

シマノ 17 サステイン 3000XG 実釣インプレ



3000XGと4000XGを比較

既に所有していた3000XGと、新たに購入したこの4000XGを簡単に比較してみます。



共通の4000番ボディ

ボディは共通の4000番ボディ。

写真だと陰の関係で少し分かりにくいですが、3000番と4000番は同じボディサイズとなっています。



違うのはスプール・ローターサイズ

一番の違いはスプールとローターのサイズ。

↑カメラの関係で潰れて縦長になってしまっています。



スプール径は、3000番が46.5mmに4000番が51mm。

スプールサイズに合わせてローターも4000番が一回り大きいものとなっています。



4000番の使いみちは・・・

ついポチッてしまいましたが、今のところ使いみちは決まっていません。^^;

ダイワでいうところの旧3000番相当のサイズ感。

サーフなどの大場所で用いられるサイズですが、自分はこの手の釣りはやっておらず、正直どうしたものか・・・。